中国語学習記録131124

中国語学習記録131124:

書類整理のため、記録用に3年分使用済みノート画像upload。
Img_02292

教材:
『耳が喜ぶ中国語』3周目。
今後の予定
・『口が覚える中国語』
・『中国語口語表現―ネイティヴに学ぶ慣用語』
・成語関係

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国語学習記録130913

中国語学習記録130913:

一般的な学習方針:中検対策は休む。当面リスニング強化、単語力増強を中心に。ある程度進んだら、日常会話を多少できるとよい。

現在の中国語水準:北京放送ニュースは所々単語を聞き取れるが、主題はわからない。以前の、どこで切れるのかもまったくわからず宇宙語に聞こえていた状態からは少し上達した。英語の経験で言うと多分高校2〜3年くらい。当時はFEN、『地上最強の英語』、『試験にでる英単語』を中心に学習していたので、中国語もそれに近い方法を試す。この頃ディベートを始めたので、中国語もスピーキングの機会を探す時期かもしれない。

現在の教材:『耳が喜ぶ中国語』、Pop Radio (Taiwan) App、北京放送App、進め!キラメキ女子(台湾ドラマ)、NHKテレビ中国語。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第80回2級中国語検定

13/06/23
第80回2級中国語検定
Score: L90 R77 T167 合格

2008年に3級合格してから5年、3回目の受験で2級合格。

英語と勝手が違い、学習のコツがなかなかつかめず「さまよえる中級者」の罠に落ちた。地道に単語、作文、過去問、ディクテーションなどを重ねたことで合格水準に達したのではないかと思う。ただ、実力が合格レベルに達しているという実感がまったくなく、また試験対策に特化してきたので、日常会話はできない。今年に入って注力したディクテーションがかなり効果的で、ここ数ヶ月は耳が慣れてきたことを感じていた。もう少し続ければ一段階段を上がれるところまではきているのではないか。

完全独学だったのでかなり遠回りした気もするが、ここまでできればまずは一段落。
下に使用した参考書等をまとめたが、これを見ると思ったより色々手を出していたな、という印象。

使用参考書等:
・中国語検定2級一ヶ月でできる総仕上げ:
  一番最初に使った参考書。レベル的には2級に達していないが、取りかかりにはよかった。
・聴読中国語―HSK(漢語水平考試)大綱準拠:
  量が多すぎて途中で挫折。
・中検2級問題集2009年度:
・中検2級問題集2010年度:
・中検2級問題集2011年度:
・中検2級問題集2012年度:
  過去問は一通りこなしたあと、大問ごとにまとめて、語彙選択など苦手な部分は諦め、正文判定など比較的点数を稼ぎやすいところを繰り返し学習。リスニングは聞き流し。中検は問題形式がよく変わるので、形式よりも頻出単語や文法問題に慣れるつもりで学習。
・中国語検定2級徹底攻略―筆記問題完全マスター:
  筆記に特化した参考書、内容が濃くて途中で挫折。
・合格奪取! 中国語検定2級 トレーニングブック 筆記問題編:
  一通り学習ののち、特に作文150題を繰り返し解いた。
・合格奪取! 中国語検定2級 トレーニングブック リスニング問題編:
  一通り学習ののちディクテーション。
・日本中国語検定協会実力養成通信添削講座2級挑戦コース(2012.5-2012.10):
  難しすぎてこなすだけで精一杯。復習がほとんどできず、役に立ったのかどうか不明。
・瞬訳中国語 初級編:
・瞬訳中国語 初中級編:
・瞬訳中国語 中級編:
  単語と短文をCD音声で聞きながら覚える単語集。2周とディクテーション。
・中国語重要文例集:
  重要構文がまとまった文例集。2周と特に覚えづらいものを重点的に学習。
・耳が喜ぶ中国語 リスニング体得トレーニング:
  ディクテーション。興味深い内容のスキットが多く、リスニングに効果的な参考書だった。

[今現在の実力自己評価]
ニュース等まったくわからない。日常会話もよくわからない。2級をとったものの、多分実際には使える実力ではないような気がする。

[今後継続する場合の指針]
これでしばらく中国語は休もうと思う。もし今後学習を継続するとすれば、今までが検定特化型学習だったので、会話方面に少し教材を振るほうが実用的だと思う。
1. 「耳が喜ぶ」のディクテーションを数回まわす
2. 「口が覚える」か、類似の会話型教材で会話定型文の学習
3. 機会があれば中国人と会話する機会を持つ
といった感じで進めるとよいのではないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国語学習記録120809

備忘のため本日より時々学習記録をつけます。

『瞬訳中国語初中級編』9周目終了。
『瞬訳中国語初級編』開始。
4級レベルのはずなのにほとんど正解できない。

「単語の力は語学の力」
砂をかむような単純作業。

初級編は当初やるつもりはなく、試験対策に行くつもりだったが、さらっと見てあまりに出来なかったので、「急がば回れ」式で遠回りすることにした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)