『読響シンフォニックライブ』公開収録

日時:2019/06/26 19:00-21:00
題名:『読響シンフォニックライブ』公開収録
場所:東京芸術劇場  1階P26
出演:原田慶太楼[指揮]
   コリヤブラッハー[ヴァイオリン]
   杉山由紀[メゾソプラノ]
   長原幸太[コンサートマスター]
   読売日本交響楽団
曲目:ブラームス/ヴァイオリン協奏曲  (38:00)
   バッハ/無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第2番ニ短調BMW1004 第1楽章アルマンド (使用楽器:ストラディヴァリウス「トリトン」)
   ファリャ/バレエ音楽〈恋は魔術師〉(24:00)
   ヒナステラ/バレエ音楽〈エスタンシア〉組曲作品8a (13:00)

公開収録当選して。
ストラド聴けてよかった。エスタンシアは打楽器大活躍で面白かった。
芸術劇場は少し遠いので行くのに時間がかかるのが難点。

| | コメント (0)

『都響 第874回 定期演奏会Aシリーズ』

日時:2019/03/26 19:00-21:00
題名:『第874回 定期演奏会Aシリーズ』
場所:東京文化会館 ¥3,750X2
出演:エリアフ・インバル [指揮]
   東京都交響楽団 [管弦楽]
   ガブリエル・リプキン  [チェロ]
曲目:ブラームス:悲劇的序曲 op.81
   ブロッホ:ヘブライ狂詩曲《シェロモ》
   ショスタコーヴィチ:交響曲第5番 ニ短調 op.47


 

| | コメント (0)

『N響 第1803回 定期公演 Cプログラム』

日時:2015/02/13 19:00-21:00
題名:『第1803回 定期公演 Cプログラム』
場所:NHKホール ¥5,700
出演:パーヴォ・ヤルヴィ[指揮]
   NHK交響楽団[管弦楽]
   庄司紗矢香[violin]
曲目:シベリウス/ヴァイオリン協奏曲 ニ短調 作品47
   ショスタコーヴィチ/交響曲 第5番 ニ短調 作品47

ショスタコーヴィチの5番を生で聞いたことがなかったので、一度聞いてみたかった。庄司紗矢香のヴァイオリンも初めて生演奏を聴いたが、とても力強くて引き込まれた。ヤルヴィの5番の4楽章は、少し遅い始まりからテンポを上げていく演奏で、これも全身に音を感じることができてよかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『クリスチャン・ツィメルマン ピアノ・リサイタル』

日時:2014/01/08 19:00-21:00
題名:クリスチャン・ツィメルマン ピアノ・リサイタル
   究極のベートーヴェン
場所:すみだトリフォニーホール ¥15,000
出演:クリスチャン・ツィメルマン[ピアノ]
曲目:ベートーヴェン/ピアノ・ソナタ第30番 ホ長調 作品109
   ベートーヴェン/ピアノ・ソナタ第31番 変イ長調 作品110
   ベートーヴェン/ピアノ・ソナタ第32番 ハ短調 作品111

ツィメルマンの生演奏を聴く機会はなかなかないので行ってみた。本来昨年末の公演だったが、演奏者体調不良のため、延期されたもの。

30晩、31番もよかったが、休憩後の32番は神だった。

140108triphony


| | コメント (0) | トラックバック (0)

『新日本フィル 金曜午後2時の名曲コンサート』

日時:2013/8/09 14:00-16:00
題名:<新・クラシックへの扉>金曜午後2時の名曲コンサート
場所:すみだトリフォニーホール ¥4,000
出演:小泉和裕[指揮]、郷古廉[バイオリン]
   新日本フィルハーモニー交響楽団[管弦楽]
曲目:ベートーヴェン作曲 ヴァイオリン協奏曲ニ長調 op.61   
   ブラームス作曲 交響曲第1番ハ短調 op.68   

時間があいたので当日券で入場。ほぼ満席。

ベートーベンのヴァイオリン協奏曲はたぶん初めて聞いた。
ブラ1はテンポが早めで、重厚というより軽快な演奏。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『シェレンベルガー&カメラータ・ザルツブルク with 小菅 優』

日時:2012/11/02 18:30-21:00
題名:Meet the Mozart!
   シェレンベルガー&カメラータ・ザルツブルク
   with 小菅 優
   モーツァルト《後期ピアノ協奏曲&交響曲全曲》第1日
場所:すみだトリフォニーホール 招待(twitter抽選で当選¥7,000相当)
出演:ハンスイェルク・シェレンベルガー[指揮]
   小菅 優[ピアノ]
   カメラータ・ザルツブルク[管弦楽]
曲目:モーツァルト/歌劇《イドメネオ》K.366 序曲、
          ピアノ協奏曲第21番 ハ長調 K.467、
          ピアノ協奏曲第23番 イ長調 K.488、
          交響曲第41番 ハ長調 K.551「ジュピター」
          歌劇《フィガロの結婚》K.492 序曲 [アンコール]

たまたまトリフォニーホールからのメール案内で、twitterでフォローして一言つぶやいた人から10人ご招待、の文字に釣られたところ、当選したので行ってみた。

結果、とてもよくて、無料では申し訳なかった。指揮者とピアニストは共演に慣れているらしく、大変息の合った演奏で、大変幸せな気分になれた。

自分は2列目の席だったが、休憩後最前列に金髪ジーパンの少女が座って、コンサートマスターの女性バイオリンに手を振っていた。多分親子だろうが、子どもの時分からこんな音楽を聞く環境にいたら、どんな大人になるのだろうと、少しうらやましく、また、興味深かった。

20121102triphony

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『新日本フィル 第500回定期演奏会』

日時:2012/10/26 18:30-21:00
題名:第500回定期演奏会 トリフォニーシリーズ第1夜
場所:すみだトリフォニーホール ¥7,000
出演:ドミンゴ・インドヤン[指揮]
   新日本フィルハーモニー交響楽団[管弦楽]
曲目:ワーグナー作曲 楽劇『トリスタンとイゾルデ』より 前奏曲と愛の死
   ベートーヴェン作曲 交響曲第3番変ホ長調『英雄』 op.55

しばらくコンサートを聴かずにいて、硬くなった頭を刺激する必要を感じたので、当日券で入場。

『トリスタンとイゾルデ』は多分初めて。『英雄』は長調の曲なので、本当は自分の好みではないけれど、それはそれで前向きになれるので今聴いて正解。

指揮者はもともとハウシルトの予定で、急病でインドヤンの代役となったが、特に問題はなかった。
曲の出来云々よりやはりコンサートホールの中で、全身で音を受けられる環境で聴くことの方が自分には重要なので、音に身を任せられる演奏をしてもらえればそれでよい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『第25回関東医科学生オーケストラフェスティバル』

日時:2012/6/23 14:00-16:00
題名:第25回関東医科学生オーケストラフェスティバル
場所:文京シビックホール 大ホール
出演:関東医科学生オーケストラ連盟
曲目:ホルスト / 組曲『惑星』より木星
   チャイコフスキー / バレエ『くるみ割り人形』より抜粋
   ショスタコーヴィチ / 交響曲第5番
   ピアソラ / リベルタンゴ(アンコール)

ふと思い立って、無料で聴けるコンサートを探して行った。生演奏の『革命』を聴いたことがなかったので、どんなものか見てみたかったというのもあった。

関東の医学生が集まって演奏したもので、総勢200人の大所帯だった。100人編成のコンサートというのもあまり聞いたことがないが、アンコールのリベルタンゴは200人全員演奏ということで、舞台上は足の踏み場もないほどだったが、楽しく聴いた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『東京ルフトアンサンブル第5回定期演奏会』

日時:2012/2/11 14:00-16:00
題名:第5回定期演奏会
場所:杉並公会堂 大ホール
出演:東京ルフトアンサンブル[管弦楽]
曲目:レスピーギ / 組曲「鳥」
   モーツァルト / 交響曲第41番ハ長調K.551「ジュピター」
   シューマン / 交響曲第4番ニ短調作品120

知人が所属する楽団で、誘っていただいたので行ってみた。
指揮者のいない楽団ということでどんな音楽か興味があったが、各々しっかり演奏していて、非常によい演奏だった。女性のコンサートマスターがリードしていたようで、演奏の息をそこに合わせて演奏者それぞれ自分のパートを上手く演奏していた。
大学オーケストラのOBが中心になって運営しているとのことで、皆それなりのレベルの技術を持っているから指揮者なしでもここまで演奏できるのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『深夜の音楽会』公開収録

日時:2011/10/28 19:00-21:00
題名:『深夜の音楽会』公開収録
場所:すみだトリフォニーホール
出演:古市幸子[司会]
   沼尻竜典[指揮]
   ミシェル・ダルベルト[ピアノ]
   読売日本交響楽団
曲目:ブラームス/ピアノ協奏曲第2番
   ブラームス/3つのインテルメッツォ作品117-1(アンコール)
   ブラームス/交響曲第4番

公開収録当選したので聴きに行った。一人だったのでぎりぎりに行ったわりにいい席を確保。
無料のためか、居眠りタイムの人がやたら多かったがそれ以外は特に問題のない演奏会。
内容自体はとてもよい演奏で、二時間幸せな気分に浸れた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)