映画『蜜蜂と遠雷』

映画『蜜蜂と遠雷』
TOHOシネマズ錦糸町楽天地
監督:石川慶
出演:松岡茉優、松坂桃李、森崎ウィン、鈴木央士

恩田陸の小説の映画化。小説の詳細な部分をそぎ落として最低限の説明と映画化するにあたっての若干の改変を除いて小説の根幹を生かして音楽に語らせる演出になっている。当然のことながら出演者はピアノの素人なので指使いと音がずれることについてはお約束として見るべきものと分かった上でもう少し合わせる努力をしても良かったかなとは思った。また鹿賀丈史の指揮者を殊更厳しいマエストロ像にする必要は感じられなかったしそれによって却って集中力を削がれたのが残念。吹き替えのピアニストたちの演奏は秀逸でそれを聞くためだけでも本作を見る価値はあると思った。


| | コメント (0)

映画『ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝』

映画『ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝』
TOHOシネマズ錦糸町楽天地

全寮制女学校の生徒イザベラの家庭教師としてヴァイオレットは3ヶ月指導することになる。イザベラには妹がいたが、父親との契約により離れ離れになる。ヴァイオレットは彼女らの手紙のやり取りを手伝う。

| | コメント (0)

映画『天気の子』

19/08/15
映画『天気の子』
TOHOシネマオリナス

9ヶ月雨が降り続く東京。花の死をきっかけに天気を晴れにできるようになった陽菜。島から出たくて東京に来たもののまともなバイトもない帆高はオカルト記事を書いて糊口をしのぐ須賀に拾われる。怪しい連中とホテルに入ろうとする陽菜を帆高は助けようとする。天気を晴れさせることができることを知った帆高は陽菜とその弟凪と天気を晴れさせるアルバイトを始めるが、次第に陽菜の体が透き通っていく。天気を通常に戻すための人柱になったと知った陽菜は自分から天に昇るが、帆高は陽菜を連れ戻す。そのため雨が降り続き東京は水没する。

ハッピーエンドなのかよくわからないモヤモヤした新海誠ぽい映画。大人の事情を子供が忖度せずに自らの意思を通す話だが、それによって多くの人は大きな痛手を被る。ただ須賀が言ったように本当に彼らが天気を変えたかどうかはわからないし元からずっと雨が降るということになって東京も水没していたのかもしれない。「君の名は」の瀧が晴れバイトの依頼主の孫として、三葉が帆高が陽菜の誕生祝いの指輪を買った店の店員として登場していた。

絵はきれいだけど大人の目線では子供たちがピストル撃つような不良行為をし雷でトラックを破壊し人々が営々と築いた東京が水没するなどそこまでカタルシスはなく、子供の視線で見ればハッピーエンドなんだろうなという映画。

| | コメント (0)

映画『翔んで埼玉』

19/02/26
映画『翔んで埼玉』
TOHOシネマ楽天地

 

出演者がやたら豪華な荒唐無稽な映画。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画『劇場版シティーハンター』

19/02/19
映画『劇場版シティーハンター』
TOHOシネマズ錦糸町

ゲットワイルドだけで十分だが、キャッツアイまで出てきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画『ボヘミアン・ラプソディ』

19/01/26
映画『ボヘミアン・ラプソディ』
109シネマズ木場

感動的に仕上がった映画。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画『マネー・ショート 華麗なる大逆転』(Amazon Prime)

映画『マネー・ショート 華麗なる大逆転』(Amazon Prime)
監督:アダム・マッケイ
出演:クリスチャン・ベール、スティーヴ・カレル、ライアン・ゴズリング、ブラッド・ピット

リーマンショック前、世の中の金融業界が浮かれていた頃、不動産市場の崩壊を予測して売りを仕掛けた投資家たちを描いた映画。

ちょうど10年ということもあり、面白くみた。当たれば数千億円規模の利益が出るとしても、精神的によほどおかしくなければできない仕事だろうと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画『オーシャンズ8』

映画『オーシャンズ8』
109シネマズ木場
監督 ゲイリー・ロス
出演:サンドラブロック、ケイトブランシェット、アンハサウェイ、ヘレナボナムカーター、リアーナ

オーシャンズの雰囲気をそのままにして登場人物を全て変えた映画。女性中心、人種色々というのが今の世相を表している気がする。

すごく面白いというほどではないが時間つぶしにはなった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画『ペンギン・ハイウェイ』

映画『ペンギン・ハイウェイ』
TOHOシネマズ錦糸町
原作:森見登美彦
監督:石田祐康
出演:北香奈、蒼井優、釘宮理恵、潘 めぐみ、福井美樹、西島秀俊、竹中直人、能登麻美子

ほぼ原作をなぞっているが原作より分かりやすく説明した部分があったような気がした。映画自体はショタとおっぱいが満載で最後に海の中で流れて行く島の形ですらおっぱい、という徹底したこだわりは好ましい。

お姉さんの声はもう少し柔らかい人の方が良かったと思う。また、ハマモト父の竹中直人はもう少し若い人の方が良かったかも。

ショタとおっぱいが好きなら楽しめる映画。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画『ウィンストン・チャーチル』

18/04/12:
映画『ウィンストン・チャーチル』
TOHOシネマズ錦糸町
監督:ジョー・ライト
出演:ゲイリー・オールドマン、クリスティン・スコット・トーマス、リリージェームズ

特殊メイクの辻一弘でも有名になった映画。チャーチルの首相就任からダンケルクまでの約一ヶ月を閣議記録を元に描いた作品。映画『ダンケルク』の世界が本作品の裏で進行中だと思いながら見たので、重層的で白身に迫って見ることができた。

少なくともここ数年で最高の映画の一つ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧