« 『国運の分岐点 中小企業改革で再び輝くか、中国の属国になるか』 | トップページ | 『情報だけ武器にしろ。: お金や人脈、学歴はいらない!』 »

『ジュディス・バトラー (シリーズ現代思想ガイドブック)』

『ジュディス・バトラー (シリーズ現代思想ガイドブック)』
Sara Salih (原著), 竹村 和子 (翻訳)
青土社、2005/12/1、¥2,640(三省堂本店)

フェミニズム理論を一応かじっておこうかと思って購入。

パフォーマティブは、人々が根拠なくそうだと思っている行為を繰り返すことで根拠があるように見えること。特にジェンダーにおいて男らしく女らしく振舞うこと、生理的性別に基づいて社会的性別にふさわしい行為を繰り返すことでそれが正当化されているが本来は根拠がないということ。

理屈はわかるが自分には合わないなと思った。




|

« 『国運の分岐点 中小企業改革で再び輝くか、中国の属国になるか』 | トップページ | 『情報だけ武器にしろ。: お金や人脈、学歴はいらない!』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『国運の分岐点 中小企業改革で再び輝くか、中国の属国になるか』 | トップページ | 『情報だけ武器にしろ。: お金や人脈、学歴はいらない!』 »