« 『都響 第874回 定期演奏会Aシリーズ』 | トップページ | 『捨てられる銀行3 未来の金融 「計測できない世界」を読む』 »

『わが家は祇園の拝み屋さん10 黄昏時に浮かぶ影』

『わが家は祇園の拝み屋さん10 黄昏時に浮かぶ影』

望月麻衣

小春は澪人と東京の陰陽師本部で結界の強化を図る。京都のグループでは由里子が朔也に告白して断られ、一条戻橋の闇に乗せられていると見せかけて正体を見破ろうとする。それを聞いた和也は由里子に告白する。和也に術をかけた後姿を消し、東京の波動を弱める術をかけた谷口は、実は宗次朗の師匠である浅草の和菓子職人の息子であることが明らかになる。

大きな動きがあるわけではないが、今後の大きな物語に向けて細かくネタを仕込んだ様な巻。望月は最近京都シリーズを多作していて話が混線して筋を覚えておくのに一苦労するが、面白く読んだ。

|

« 『都響 第874回 定期演奏会Aシリーズ』 | トップページ | 『捨てられる銀行3 未来の金融 「計測できない世界」を読む』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『都響 第874回 定期演奏会Aシリーズ』 | トップページ | 『捨てられる銀行3 未来の金融 「計測できない世界」を読む』 »