« 『モップの魔女は呪文を知ってる』 | トップページ | 『都響 第874回 定期演奏会Aシリーズ』 »

『モップの精と二匹のアルマジロ』

『モップの精と二匹のアルマジロ』

近藤史恵

実業之日本社文庫、2013/4/5、¥648(BO360)

大介の働くビルにキリコが清掃員としてやってくる。越野真琴はキリコに夫の浮気調査を依頼する。夫の友也は事故にあい3年分の記憶を失う。大介とキリコは調査を進めるうち友也の浮気らしき証拠を見つける。友也と真琴は離婚することになるが、その裏には友也の苦悩が隠されていた。

種明かしが少し安直な気がするが、キリコシリーズ初の長編で面白く読んだ。

●どんな辛いことだって、知らなきゃそこから前に進めない。知らない方がいいなんてことは、絶対ない。(キリコ、p.291)

 

|

« 『モップの魔女は呪文を知ってる』 | トップページ | 『都響 第874回 定期演奏会Aシリーズ』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『モップの魔女は呪文を知ってる』 | トップページ | 『都響 第874回 定期演奏会Aシリーズ』 »