« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

映画『翔んで埼玉』

19/02/26
映画『翔んで埼玉』
TOHOシネマ楽天地

出演者がやたら豪華な荒唐無稽な映画。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『サクリファイス』(再読)

『サクリファイス』
近藤史恵
新潮文庫、2010/1/28、¥594(BO108)

スティグマータを読んで、再読したくなったので。
10年ほど前に読んで内容を忘れていたので、面白く読めた。スティグマータにつながる人間関係も再度確認できた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『独学術』

『独学術』
白取春彦
ディスカヴァー携書、2012/9/14、¥1,080(有隣堂亀戸)

わかったようなわからないような本。
読む人を選びそう。

●速読の最大のコツはたくさん読むことである。(p.93)

●真の教養の第一は聖書を読むことである。日本で入手できる聖書で注釈と参考図版が最も充実しているのは講談社から出ているバルバロ訳の聖書である。これを注釈と図版を含めて一通り読んでおけば、それ以降の理解度が全く変わる。(p.115)

●いずれにしても、持続する意志と異常な努力なしでは外国語は習得し難いということだ。その場合でも、自分の日本語力レベルの6〜8割程度までなのだ。言い換えれば、かなりの読書量があり、成績が優秀で、なおかつ日本語における表現が優れていなければ外国語を身につけるのは困難になるということだ。[略] その原点から見れば、どうすれば外国語を身につけやすいか自ずとわかってくる。すなわち、まずは正しい日本語を身につけるということだ。
 正しい日本語は豊富な読書によって身につけることができる。(pp.126-127)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『英文標準問題精講』

『英文標準問題精講』
原 仙作、 中原 道喜
旺文社、999/9/29、¥950(有隣堂亀戸)

英文読解の改善のため購入。約20時間で読了。
このレベルの内容が¥950で買えるのは驚異的。古典として版を重ねるだけのことはある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画『劇場版シティーハンター』

19/02/19
映画『劇場版シティーハンター』
TOHOシネマズ錦糸町

ゲットワイルドだけで十分だが、キャッツアイまで出てきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画『ボヘミアン・ラプソディ』

19/01/26
映画『ボヘミアン・ラプソディ』
109シネマズ木場

感動的に仕上がった映画。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『スーツケースの半分は』

『スーツケースの半分は』
近藤史恵
祥伝社文庫、2018/5/11、¥670(BO300)

『スティグマータ』の著者によるスーツケースにまつわる小説。ひょんなことからフリーマーケットで青いスーツケースを買った女性とその友人たちが、そのスーツケースとともに旅行することで幸せになる話。

女性の人生は大変だなぁと思いながら読んだ。とても充実した読後感の小説。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『スティグマータ』

『スティグマータ』
近藤史恵
新潮文庫、2019/1/27、¥724(有隣堂亀戸)

フランスの自転車チームに所属する白石誓は、アシストとしてエースのニコルを優勝させるためにツールドフランスに出場する。ドーピングで業界から姿を消していたメネンコがチームを率いて復活することになった。メネンコは、白石のチームメイトがメネンコに危害を加えようとするのを監視するよう依頼する。釈然としないままそれぞれの思惑をいただきつつツールがスタートする。

読んでいるうちに前に読んだことのある気がして過去の読書日記を見たら近藤の「サクリファイス」を読んでいた。本書はその続編に当たる。

面白かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »