« 『太秦荘ダイアリー』 | トップページ | 『ぶれない人』 »

『中国古代史研究の最前線』

『中国古代史研究の最前線』
佐藤 信弥
星海社新書、2018/3/25、¥1,080(有隣堂亀戸)

夏王朝から戦国時代までの中国史研究についての近年の成果を述べたもの。中国史に詳しい読者には良いだろうが、一般読者には若干難しい内容だった。最近の中国研究はだいぶ進んでいて、日本人の一般概念はかなり古くなっている、ということだけはわかった。


|

« 『太秦荘ダイアリー』 | トップページ | 『ぶれない人』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40886/67262250

この記事へのトラックバック一覧です: 『中国古代史研究の最前線』:

« 『太秦荘ダイアリー』 | トップページ | 『ぶれない人』 »