« 『さいはての中国』 | トップページ | 『菓子屋横丁月光荘 歌う家』 »

『水族館ガール』

『水族館ガール』
木宮 条太郎
実業之日本社ジュニア文庫、2016/6/30、¥842(有隣堂亀戸)

平積みになっていたので購入。市役所から水族館に出向になった由香が堅物先輩梶や水族館の面々に鍛えられイルカの調教や水族館全般について学び、一年立ったところで出向ではなく転属を希望する。

随所に生々しい夢の描写があるのが本書の特徴で好き嫌いが分かれるかもしれない。自分はあまりこういうスタイルは好まないが、ストーリー自体は水族館の抱える問題などが提起されていて啓発的な小説だった。続編は多分読まないけれど。

|

« 『さいはての中国』 | トップページ | 『菓子屋横丁月光荘 歌う家』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40886/67265900

この記事へのトラックバック一覧です: 『水族館ガール』:

« 『さいはての中国』 | トップページ | 『菓子屋横丁月光荘 歌う家』 »