« 『見習い鑑定士の決意と旅立ち-京都寺町三条のホームズ(10) 』 | トップページ | 『太秦荘ダイアリー』 »

『ゲンロン8 ゲームの時代』

『ゲンロン8 ゲームの時代』

読み通すのに数ヶ月かかった。巻頭ゲームの歴史特集。必ずしもゲームに詳しいわけではないが、その歴史的な流れをわかりやすくつかむことができた。

●日本のゲームは、この30年間で、出版を模倣したゲーム(JRPG)からパチンコを模倣したゲーム(ソシャゲ)に徐々に重点を移すようになってきた。(p.71)

●最近の娯楽作品には「この世界も悪くない」「この世界にいてもいいんだ」という現実肯定のメッセージが増えて来たように感じています。かつては「この世界ではない別世界を夢見る」という切迫感にかられた作品が多く、特にアニメやゲームでその傾向が顕著でしたが、最近は変わってきた。分かりやすい例が「君の名は」です。(p.165)


|

« 『見習い鑑定士の決意と旅立ち-京都寺町三条のホームズ(10) 』 | トップページ | 『太秦荘ダイアリー』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40886/67231981

この記事へのトラックバック一覧です: 『ゲンロン8 ゲームの時代』:

« 『見習い鑑定士の決意と旅立ち-京都寺町三条のホームズ(10) 』 | トップページ | 『太秦荘ダイアリー』 »