« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

『昭和の怪物 七つの謎』

『昭和の怪物 七つの謎』
保坂政康
講談社現代新書、2018/7/19、¥950(有隣堂亀戸)

東條英機、石原莞爾、犬養毅、渡辺和子、瀬島龍三、吉田茂を中心に、著者がこれまで取材を通じて積み重ねた戦前戦後の動きをまとめた本。

インタビューという個人対個人のつながりを通じて取材を重ねたことがよくわかる。ただそれだけに、世代的なものもあると思うが、自分が知り得たことをことさら大げさに記述している印象を受けた。また、史書ではないので構わないが、史実とインタビューによる個人の記憶、著者の私見が混在し、結局どこに真実があったのかが見えづらくなっているような印象を受けた。

太平洋戦争をめぐる登場人物の内面に迫るには良い本だが、端々に安倍総理を貶める記述があるのは歴史の書籍としては不要だろう。

●感情と評価は別です。どのような場にあっても自らの意見はきちんと言いなさい。遠慮する、あるいはその場でいい子になるというのでは真実に近づけないんですよ。(p.143、犬養道子=犬養毅孫)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『装幀室のおしごと。2 ~本の表情つくりませんか?~』

『装幀室のおしごと。2 ~本の表情つくりませんか?~』
範乃 秋晴
メディアワークス文庫、2017/7/25、¥724(有隣堂亀戸)

わらべと巻島の装幀室コンピ第2巻。盲目の音楽家が自分に光を与えてくれた恩人に向けて装幀を依頼する話と、新人イラストレーターを探すコンペのために奮闘する話の二編。

コンビの分担もこなれて来て読みやすい。話も人情を混ぜつつ非現実的にならない程度に装幀をうまく使った本。

面白く読んだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画『ペンギン・ハイウェイ』

映画『ペンギン・ハイウェイ』
TOHOシネマズ錦糸町
原作:森見登美彦
監督:石田祐康
出演:北香奈、蒼井優、釘宮理恵、潘 めぐみ、福井美樹、西島秀俊、竹中直人、能登麻美子

ほぼ原作をなぞっているが原作より分かりやすく説明した部分があったような気がした。映画自体はショタとおっぱいが満載で最後に海の中で流れて行く島の形ですらおっぱい、という徹底したこだわりは好ましい。

お姉さんの声はもう少し柔らかい人の方が良かったと思う。また、ハマモト父の竹中直人はもう少し若い人の方が良かったかも。

ショタとおっぱいが好きなら楽しめる映画。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『活版印刷三日月堂 雲の日記帳』

『活版印刷三日月堂 雲の日記帳』
ほしおさなえ
ポプラ文庫、2018/8/3、¥734(有隣堂亀戸)

三日月堂シリーズ第4巻完結編。

弓子が通う中古書店浮草の店主水上は、お客様へ情報として出していた浮草だよりのあとがき「雲日記」を書いていた。水上の友人で出版社を経営する岩倉が彼を訪ね、雲日記を出版しないかと誘う。過去にわだかまりのある水上は一度は断るが、あることで弓子に過去のことを打ち明けたことで出版を決意する。活版印刷での出版を依頼された弓子は、本町印刷の悠生、バイト女子高生楓、大学の課題で三日月堂と縁のできた女子大生豊島、安西や水上の大学時代の同級生など多くの人の助けで本を完成させる。そして水上の魔法により弓子は悠生と共に生きていくことを決意する。

余韻の残るとてもよい終わり方だった。だからこそ逆に、活版印刷で事業を成り立たせていくことの難しさが浮き立って、印刷屋の自分としてはとても複雑で悲しい気持ちにもさせられた。本町印刷からの発注をあてにして事業がたちゆくのか、機械生産性や出版業の縮小を肌で感じるだけに、悠生や弓子には頑張って欲しいと思う。

●プレーンな文字組なのに、文字ひとつひとつが独特の空気を孕んで並んでいる。こんなに深みのあるものだとは。印刷所に勤めているのに、活版印刷の文字などほとんど目にしたことがなかった。(p.33)

●本とは不思議なものだ。思いが綴られているのに、手紙のように決まった相手に送るのではない。たくさん刷って、ただ頼りなくおずおずと世界に差し出される。
 正しい宛先はない。どこに着いたら正解ということもない。そのまま消えてしまうかもしれないし、知らない誰かの心に住み着くこともある。(p.332)

☆あずまんの「誤配」に対する応答に見える。意識はしていないだろうけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『これは経費で落ちません! 4 ~経理部の森若さん~』

『これは経費で落ちません! 4 ~経理部の森若さん~』
青木 祐子
集英社オレンジ文庫、2018/6/21、¥594(有隣堂亀戸)

天天コーポレーションの経理部員森若沙名子は、営業部の太陽と付き合い始める。外資系から転職して経理部に配属された空気の読めないバリキャリ美華に沙名子は振り回される。広報部の華である織子が経理部の上司勇太郎と不倫しているところを見てしまった沙名子は、両名にそれぞれ見なかったことにしたことを態度で示す。一方、経費を流用しているものの、今までうまく立ち回り沙名子も見ぬふりをしていたマリナは、美華にキャバクラ副業の尻尾を掴まれる。さらに沙名子は織子の夫の売れない映画監督が女性とホテルに入るところを見てしまう。

人間関係が複雑に入り組んだ4巻。その中で、職人ひとすじ、マイスター表彰を受けながら若い女性社員藤見アイに熱を入れあげていると思われていた留田が、実は自分の腕が落ちていることを自覚し、アイの才能を見込んで全てを教えていたということを沙名子が知る話など、硬軟合わせた濃密な一冊。

一点、沙名子はマリナの副業を疑いながら確証を持てずにいたことになっているが、マイナンバー法施行後は住民税で発覚するはずなので、そこをどうごまかしているのかの説明があればよかったと思った。

人間関係を追うのに少し手間取るものの、分かりやすく説明されてい流のでますます面白くなってきた一冊。

●「ずっとやっているとね・・・。なかなか、認めたくないもんなんですよね・・・。自分が、前みたいに、いい石鹸を作れなくなっているっていうことを」(留田、p.92)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『帳簿の世界史』

『帳簿の世界史』
ジェイコブ・ソール (著), 村井 章子 (翻訳)
文春文庫、 2018/4/10、¥950(有隣堂亀戸)

文庫版が出版されたのを見て再読。

ローマ帝国時代から簡単な帳簿はあったが、本格的な複式簿記を発明したのは中世イタリアの商人達だった。複式簿記の発明以降、会計の透明性公正性は国の繁栄をもたらし、その堕落は国の衰退を招いて来た。歴史を問わず、それは普遍の法則とも言える。現代においてすらエンロンやリーマンショックのように会計をないがしろにしたものは必ずその報いを受ける。問題は、会計そのものの中に、不透明性を招く性質が潜んでいることで、人間がそれを克服できるかどうかは楽観できない。権力とは財布を握っていることであり、その財布のあり方が権力の行く末を決める。

会計はそれを知る者には重要性が自明なのに対し、わからない者には胡散臭いものにしか見えないという性質があって、それは会社経営でも同じだと実感する。

何度でも読み返したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »