« 『10年後の仕事図鑑』 | トップページ | 『わが家は祇園の拝み屋さん8 祭りの夜と青い春の秘めごと』 »

『吉原百菓ひとくちの夢』

『吉原百菓ひとくちの夢』
江中 みのり
メディアワークス文庫、2018/2/24、¥659(BO360)

吉原で料理が評判の中見世で働く太佑。菓子を専門に作り、客に合わせて出すことで花魁だけでなく菓子が目当てでくる客もいる。太佑になぞかけをしにきたり、相撲取りの心に響く菓子を出す。ただ幼い頃から一緒に働き今は店一番の花魁朝露だけは太佑の菓子を食べない。なんとかして食べさせようと奮闘する。

吉原が本書のようにほんわかしていたとは思わないが、ファンタジーとして読む分には良いのではないか。

|

« 『10年後の仕事図鑑』 | トップページ | 『わが家は祇園の拝み屋さん8 祭りの夜と青い春の秘めごと』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40886/66853635

この記事へのトラックバック一覧です: 『吉原百菓ひとくちの夢』:

« 『10年後の仕事図鑑』 | トップページ | 『わが家は祇園の拝み屋さん8 祭りの夜と青い春の秘めごと』 »