« 『わが家は祇園の拝み屋さん8 祭りの夜と青い春の秘めごと』 | トップページ | 『キャロリング』 »

『小説家の作り方』

『小説家の作り方』
野崎 まど
メディアワークス文庫、2011/3/25、¥572(BO310)

プロデビューしたばかりの駆け出し小説家物実のところに「小説の書き方を教えてください」と言うファンレターが届く。ちょっと変わった女性紫に教えるうち、人工知能の大家としてネットで知られる「アンサーアンサー」こと在原露に紫が人工知能にしたがって動いた別人であることを教えられ、急展開となる。
結末はさらにもう一捻りしているが、本書が出て8年でAIの進歩が予想を超えているのか、本書の展開があながち奇想天外とも言えなくなってきているのが面白い。

読み始めて再読であることに気づいたが、内容を忘れていたので面白く読めた。

|

« 『わが家は祇園の拝み屋さん8 祭りの夜と青い春の秘めごと』 | トップページ | 『キャロリング』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40886/66853732

この記事へのトラックバック一覧です: 『小説家の作り方』:

« 『わが家は祇園の拝み屋さん8 祭りの夜と青い春の秘めごと』 | トップページ | 『キャロリング』 »