« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

『10年後の仕事図鑑』

『10年後の仕事図鑑』
堀江 貴文 (著), 落合 陽一 (著)
SBクリエイティブ、2018/4/5、¥1,512(有隣堂亀戸)

AIや仮想通貨など従来型の考え方では生きていけなくなる、と煽りに煽る本。
著者の言っていることの1/10でもやればいいんじゃないの、という感想。

▲[ヒカキンのような] 新しい仕事で成功している人たちには共通点がある。
1) 「作業にはまっていること」
2) 「思いを持って毎日発信すること」 (pp.56-57)

▲未来が不安な若者には「仕事になる趣味を3つ持て」と伝えたい。(p.232)

▲商売が成功する基本的な秘訣は一つだけだ。すなわち、成功するまでやり続けるということ。市場原理があるようでないので、100回もやればだいたい成功するのだ。(堀江、p.248)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

勉強法 教養講座「情報分析とは何か」

勉強法 教養講座「情報分析とは何か」
佐藤優
角川新書、2018/4/7、¥886(有隣堂亀戸)

同志社大学の特別講義をまとめたもの。著者の言うことはいつも同じだが、読むたびに勉強しなければという気にさせられる。

▲嘘をつくなよ、ではなくお互いに正直にやろうじゃないか、と言おう。(p.150)

▲放送大学の『新訂初歩からの数学』はオススメ。(p.157)

▲スタディサプリは使える。(@.160)

▲カレルチャペックの『山椒魚戦争』は読め。(p.196)

▲池上さんは新大久保の第一教科書に行って学参などを見ている。(p.206)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『「黄金の羽根」を手に入れる自由と奴隷の人生設計』

『「黄金の羽根」を手に入れる自由と奴隷の人生設計』
橘 玲
講談社+α文庫、2004/8/24、¥972(BO460)

10年以上前の本なので、状況が全く変わってしまっているが、基本的な考え方の勉強にはなる。例えば、デフレ期一番賢かったのは何もせずただ預金を積み上げた日本の一般国民だった、など。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『続・京都烏丸御池のお祓い本舗』

『続・京都烏丸御池のお祓い本舗』
望月麻衣
双葉文庫、2018/4/12、¥620(有隣堂亀戸)

お祓い本舗の面々は得意先の黒田の娘が黒田の入信している怪しい宗教に生贄にされるのを防ぐために侵入する。その過程で高校生の助手海斗の前世が高位の白狐であり、同じような境遇になった娘を救うために身代わりになったことを思い出す。海斗が前世で救い、現生で再会したのは黒田の娘だと思っていたが、実は意外な人物だった。

ホームズと拝み屋澪人が友情出演している。

著者のノリが安定し、量産体制に入ったように見える。どのシリーズもだいたい似たような話だが、難しく考えず面白く読めるのでつい買ってしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『我が闘争』

『我が闘争』
堀江貴文
幻冬舎文庫、2016/12/6、¥745(有隣堂亀戸)

著者の自叙伝。彼の立場から見たライブドア事件。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »