« 『わが家は祇園の拝み屋さん7 つながる想いと蛍火の誓い』 | トップページ | 『ゲンロン1 現代日本の批評』 »

『コーヒーが冷めないうちに』

『コーヒーが冷めないうちに』
川口俊和
サンマーク出版、2015/12/5、¥1,404(BO960)

過去に戻れる喫茶店に訪れる客の話。彼に振られて振られた時間に戻る彼女の話、痴呆症になった夫のそばに居続けて痴呆になる前の夫に会いに行く妻の話、旅館をやっていて毎月会いにきていたが事故死してしまった妹に会いたい姉の話、喫茶店で働く女性が生まれる子供に会いに将来に行く話、の4編。

文章の導きを素直に受け取って泣くための小説だと思った。論理邸にはおかしいところもあるが、難しく考えずに面白く読んだ。

|

« 『わが家は祇園の拝み屋さん7 つながる想いと蛍火の誓い』 | トップページ | 『ゲンロン1 現代日本の批評』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『コーヒーが冷めないうちに』:

« 『わが家は祇園の拝み屋さん7 つながる想いと蛍火の誓い』 | トップページ | 『ゲンロン1 現代日本の批評』 »