« 『わが家は祇園の拝み屋さん4 椿の花が落ちるころ』 | トップページ | 『わが家は祇園の拝み屋さん6 花の知らせと小鈴の落雁』 »

『わが家は祇園の拝み屋さん5 桜月夜と梅花の夢』

『わが家は祇園の拝み屋さん5 桜月夜と梅花の夢』
望月 麻衣
角川文庫、2017/5/25、¥605(有隣堂亀戸)

小春は突然特殊な力を失う。大学部の安倍由里子に呼ばれた小春は、彼女から狐神のコウメからいつも見守っているとの伝言を受け取る。澪人に力を失ったのはいつかと聞かれた小春は、三善朔也に額をキスされた時だと気づき、封印を解かせる。その時に朔也が力を隠していたために母親が悪質な呪術師に騙されて死んだことを小春は知る。澪人は自分の過去世が左近衛大将であることを思い出し、小春に告白してはいけないと悩む。

小春の祓い屋の人間関係が広がっていく過程が描かれる。深く考えずに楽しく読んだ。


|

« 『わが家は祇園の拝み屋さん4 椿の花が落ちるころ』 | トップページ | 『わが家は祇園の拝み屋さん6 花の知らせと小鈴の落雁』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『わが家は祇園の拝み屋さん5 桜月夜と梅花の夢』:

« 『わが家は祇園の拝み屋さん4 椿の花が落ちるころ』 | トップページ | 『わが家は祇園の拝み屋さん6 花の知らせと小鈴の落雁』 »