« 『わが家は祇園の拝み屋さん2 涙と月と砂糖菓子』 | トップページ | 『京都寺町三条のホームズ(9)恋と花と想いの裏側』 »

『わが家は祇園の拝み屋さん3 秘密の調べと狐の金平糖』

『わが家は祇園の拝み屋さん3 秘密の調べと狐の金平糖』
望月 麻衣
角川文庫、2016/9/22、¥605(有隣堂亀戸)

若宮に助けられ、20歳までの寿命が延びた澪人は、それまでの鬱憤を晴らすように弾けた行動をする。学園祭で愛衣のオカルト研究会の後輩たちが降霊術を行いおかしなものを降ろしてしまい、宗次朗と澪人が解決する。知人の家の家鳴りを解決しに行った小春と澪人は、そこで管狐を発見するが、謎の祓い屋に焼かれる。間一髪若宮に救われた管狐は、神となって小春を守ることを誓う。

シリーズ第3巻。前世の謎をほのめかしながら少しずつ人間・神関係が広がって成長する小春が描かれる。

|

« 『わが家は祇園の拝み屋さん2 涙と月と砂糖菓子』 | トップページ | 『京都寺町三条のホームズ(9)恋と花と想いの裏側』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『わが家は祇園の拝み屋さん3 秘密の調べと狐の金平糖』:

« 『わが家は祇園の拝み屋さん2 涙と月と砂糖菓子』 | トップページ | 『京都寺町三条のホームズ(9)恋と花と想いの裏側』 »