« 『ヒア・カムズ・ザ・サン』 | トップページ | 2017年の10冊 »

『アイスクリン強し』

『アイスクリン強し』
畠中恵
講談社文庫、2011/12/15、¥596(BO360)

明治維新により江戸が東京になった頃、築地の居留地で孤児として育った皆川真次郎は、西洋菓子屋風琴屋を開く。友人の元幕臣の警官や、成金のお嬢様沙羅に囲まれ、色々な事件に立ち向かう。

しゃばけシリーズは著者のふわっとした文体にあっていたが、本書はもう少しキレの良い文体でもよかったかもしれない。

|

« 『ヒア・カムズ・ザ・サン』 | トップページ | 2017年の10冊 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『アイスクリン強し』:

« 『ヒア・カムズ・ザ・サン』 | トップページ | 2017年の10冊 »