« 『MBA100の基本』 | トップページ | 『消えた少年』 »

『バーにかかってきた電話』

『バーにかかってきた電話』
東 直己
ハヤカワ文庫JA、1996/1/1、¥821(有隣堂亀戸)

映画『探偵はバーにいる』の原作になった、シリーズ第2巻。

バーで飲んでいた俺にコンドウキョウコを名乗る女から電話がかかってくる。ある伝言を届けるだけのはずが、いきなり襲われることになり、真相を調べるうちにコンドウキョウコが放火事件で死亡した女性の名前であることがわかる。。。

映画と若干違うところもあるが、概ね同じ筋立て。このシリーズは若干暴力が多く、少し辟易とするところもあったが、楽しく読んだ。

|

« 『MBA100の基本』 | トップページ | 『消えた少年』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40886/66006761

この記事へのトラックバック一覧です: 『バーにかかってきた電話』:

« 『MBA100の基本』 | トップページ | 『消えた少年』 »