« 『ヘッテルとフエーテル』 | トップページ | 『探偵少女アリサの事件簿 溝ノ口より愛をこめて』 »

『ばけもの好む中将 六 美しき獣たち』

『ばけもの好む中将 六 美しき獣たち』
瀬川 貴次
集英社文庫、2017/6/22、¥540(博文堂書店)

今まで出てこなかった九の姉が中心。本当は自分が帝の妃になるはずだったという思いから、八の姉にライバル心を燃やすも、帝にはなんとも思われずあえなく沈没。そこへ右大臣が現れて初草の女房に取り立てる、という筋書き。

本巻ではあまり大きな動きはなく、次巻以降に話が持ち越された感じ。ただ、九の姉は他の姉とは違い、性格に問題ありなので、今後もトラブルの種になることは間違いなさそう。

|

« 『ヘッテルとフエーテル』 | トップページ | 『探偵少女アリサの事件簿 溝ノ口より愛をこめて』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『ばけもの好む中将 六 美しき獣たち』:

« 『ヘッテルとフエーテル』 | トップページ | 『探偵少女アリサの事件簿 溝ノ口より愛をこめて』 »