« 『ローカル線で行こう! 』 | トップページ | 『見習い鑑定士の奮闘-京都寺町三条のホームズ(8)』 »

『探偵はバーにいる』

『探偵はバーにいる』
東直己
ハヤカワ文庫JA、1995/8/1、¥821(有隣堂亀戸)

ススキノで便利屋を営む俺。大学の後輩から同棲している彼女が戻ってこないという相談を受け、動き出す。すると怪しい奴が次々に現れる。

大泉洋で映画化された同じタイトルの小説。映画は本シリーズの「バーにかかってきた電話」が原作になっている。なんとなく敬遠していたが、読んでみたら面白く、ススキノが舞台という小説も珍しいので、一息に読んだ。

|

« 『ローカル線で行こう! 』 | トップページ | 『見習い鑑定士の奮闘-京都寺町三条のホームズ(8)』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40886/65976852

この記事へのトラックバック一覧です: 『探偵はバーにいる』:

« 『ローカル線で行こう! 』 | トップページ | 『見習い鑑定士の奮闘-京都寺町三条のホームズ(8)』 »