« 『投資家が「お金」よりも大切にしていること 』 | トップページ | 『ボクたちはみんな大人になれなかった』 »

『かばん屋の相続』

『かばん屋の相続』
池井戸潤
文春文庫、2011/4/8、¥680(BO360)

銀行員が仕事で立ち会った様々な事件などを集めた短編集。表題作は京都の一澤帆布をモデルにした兄弟の相続争い。他に資金繰りに追い詰められていく女社長や手形をめぐる男女の事件などいつ自分の身に降りかかってもおかしくない身につまされる話が多かった。


|

« 『投資家が「お金」よりも大切にしていること 』 | トップページ | 『ボクたちはみんな大人になれなかった』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『かばん屋の相続』:

« 『投資家が「お金」よりも大切にしていること 』 | トップページ | 『ボクたちはみんな大人になれなかった』 »