« 2017年7月 | トップページ

『プライベートバンカー カネ守りと新富裕層』

『プライベートバンカー カネ守りと新富裕層』
清武英利
講談社、2016/7/13、¥1,728(有隣堂亀戸)

野村證券からシンガポール銀行ジャパンデスクに転職した杉山を中心に、日本人富裕層がどのようにしてシンガポールで税逃れをしているか実名で描くノンフィクション。

何十億という資産を持ちながら相続税逃れのためにシンガポールに5年滞在しなければならない老人、プライベートバンカーに裏切られ殺されかけた元病院長など、カネをめぐる生々しい話がこれでもかと書かれている。

シンガポールバンクのジャパンデスクもドロドロしていて、金が絡むと人間は狂うなあ、とつくづく思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『捨てられる銀行2 非産運用』

『捨てられる銀行2 非産運用』
橋本 卓典
講談社現代新書、2017/4/19、¥864(有隣堂亀戸)

森信親金融長官が指導する方針のもと、大きく変わった金融行政を説明した「捨てられる銀行」の続編。本書では、金融機関が顧客に対して誠実に運用をする「フィヂューシャリーデューティー」を無視し、自らのグループ企業の利益だけを追求している現状を明らかにし、今後はそれが通用しないことを明らかにする。

森長官がいる間はいいが、今だけ面従腹背するんじゃないかと読みながら思った。(著者はそれでは通用しないと言ってはいるけれど)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『幻想映画館』

幻想映画館 (講談社文庫)
堀川アサコ
講談社文庫、2013/5/15、¥596(BO310)

学校で無視されるようになったスミレは、商店街の映画館でバイトをすることになる。幽霊が見えるスミレは、そこであの世へ行くときにみる映画「走馬灯」を巡る事件に巻き込まれる。

スミレが幻想郵便局で出ていた楠本の大御所の孫であり、真理子さんや郵便局の面々もところどころに顔を出すなど、続編であることが明らかになっている。

読み始めはですます調の文章に戸惑うが次第に気にならなくなり、最後まで楽しく読めた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『新・所得倍増論』

『新・所得倍増論』
デービッド・アトキンソン
東洋経済新報社、2016/12/9、¥1,620

見かけ上の数字はまだまだしっかりしているが、一人当たりで見ていくとすでに日本はかなり落ちていると言う認識のもと、どうすれば良いか処方箋を示した本。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年7月 | トップページ