« 『100回泣いても変わらないので恋することにした。』 | トップページ | 『食堂かたつむり』 »

『幻想郵便局』

『幻想郵便局』
堀川 アサコ
講談社文庫、2013/1/16、¥627(BO380)

就職浪人中のアズサは探し物が得意なことから、この世とあの世を結ぶ不思議な郵便局のアルバイトに採用される。郵便局を通ってあの世に行く人を見送る中、実は郵便局の場所は狗山比売の住まう狗山神社を壊して作られたものだった。アズサにつきまとう幽霊の真理子を殺した犯人探しが解決し、郵便局が狗山比売に奪還され郵便局の面々が比売に食われたあと、アズサは都会に就職する。久しぶりに田舎に戻ったアズサは懐かしい郵便局員と再会する。

堀川 アサコはオカルト+ミステリーが得意な作家のようで、楽しく読めた。

|

« 『100回泣いても変わらないので恋することにした。』 | トップページ | 『食堂かたつむり』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40886/65587203

この記事へのトラックバック一覧です: 『幻想郵便局』:

« 『100回泣いても変わらないので恋することにした。』 | トップページ | 『食堂かたつむり』 »