« 『知的余生の方法』 | トップページ | 『ネガティブな人ほど運がいい! ?』 »

『ブルマーの謎: 〈女子の身体〉と戦後日本』

『ブルマーの謎: 〈女子の身体〉と戦後日本』
山本 雄二
青弓社、2016/12/8、¥2,160(amazon)

タイトル通り、ブルマーがどのように広がり、そして廃れたかを時系列で追い、その要因を探った本。結論としては、全国中学校体育連盟(全中連)の資金として体操着メーカーの協賛金目当てでブルマーを指定したことが広がった要因であり、1990年代ブルセラショップの発生とともに性的シンボルとして捉えられるようになったことで消滅して行ったと言えるだろう。

社会学的考察として面白く読んだ。

|

« 『知的余生の方法』 | トップページ | 『ネガティブな人ほど運がいい! ?』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40886/65402966

この記事へのトラックバック一覧です: 『ブルマーの謎: 〈女子の身体〉と戦後日本』:

« 『知的余生の方法』 | トップページ | 『ネガティブな人ほど運がいい! ?』 »