« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

『すべての教育は「洗脳」である 21世紀の脱・学校論』

『すべての教育は「洗脳」である 21世紀の脱・学校論』
堀江 貴文
光文社新書、2017/3/16、¥799

表題の通り、教育は「してはいけない」を教え込み、洗脳する機関であることをそもそも学校が工業社会に適応する人間を作るために生まれたところから説き起こす。

今のネット時代に対応するためには「いい子ではいけない」というのは非常によくわかる説明だった。

▲希少性は「要素タグの掛け合わせ」によって生み出せる。100分の1、つまり100人の中で1番になれるものを全く違う三つの分野で目指せば100万分の1の人材になれる。(p.150)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『旅猫リポート』

『旅猫リポート』
有川浩
講談社文庫、 2017/2/15、¥691

野良猫のナナは、交通事故の時に助けられたサトルと暮らし始めるが、事情があって飼えなくなったサトルがナナを連れて最後の旅にでる。

最初はなぜナナを手放すのかわからないが、話が進むにつれて次第にサトルの体調に異変がでることで明らかになる。よくある話なのだが、有川浩の筆がうまく、最後まで引き込まれて読んだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『活版印刷三日月堂: 海からの手紙』

『活版印刷三日月堂: 海からの手紙』
ほしおさなえ
ポプラ文庫、2017/2/3、¥734

三日月堂シリーズ第2巻。弓子の営む三日月堂も順調に営業をし始めた中で、川越に住むさまざまな人がそれぞれの事情で活版印刷を頼む様子が描かれる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『活版印刷三日月堂』

『活版印刷三日月堂』
ほしお さなえ
ポプラ文庫、2017/2/3、¥734

故郷を離れていた弓子は、祖父が活版印刷所を営んでいた家に戻って暮らし始める。最初は印刷をするつもりはなかったが、依頼を受けて印刷を始めることで、物語が生まれる。

活版の時代を知っているので懐かしく読んだ。

●市倉森太郎。この名前を何度かいたことか。保育園時代の服や下着、着替え袋に昼寝用シーツ。あの頃は全部ひらがなだったけれど。小学校に上がった時の、上履き、体育着、教科書。色鉛筆やクレヨンの一本一本、算数セットの細かい部品の一つ一つにまで名前を書かなければならなくて、何時間もかかった。その文字が綺麗に並び、懐かしい三日月堂の紙に刻み込まれている。(p.59)

☆名前を書く機会があと何回あるか、と考える時、その一回一回が大事なものだと気付かされた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~<ビブリア古書堂の事件手帖>』

『ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~<ビブリア古書堂の事件手帖>』
三上 延
メディアワークス文庫、2017/2/25、¥702

ビブリアシリーズの最終巻。今までの伏線が基本的には綺麗に回収されて終わる。栞子の母の企みがあまりにうまく決まるのは多少どうかとは思ったが、これまでの物語の終わりとしてはふさわしいと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »