« 『E=mc2――世界一有名な方程式の「伝記」』 | トップページ | 『ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~<ビブリア古書堂の事件手帖>』 »

『僕はそれでも生き抜いた』

『僕はそれでも生き抜いた』
春山 満
実業之日本社、2013/6/20、¥1,028

進行性筋ジストロフィーにかかった著者が、いかに事業を立ち上げ、様々な障害を乗り越えて生きたかを語った本。すでに著者はなくなっているが、これだけのパワーのある人間は健常者でもなかなかいないのではないか。

●まずは素直に学ぶ。何かを感じたら、素直に尋ねる。そして徹底的に調べる。これを繰り返し繰り返し行って、徹底的に狭く、深く、掘り下げていった。(p.100)

●「縁尋機妙(えんじんきみょう)」という言葉がある。いい縁を大事にすると、必ず月のいい縁にたどり着く。一方で、悪い縁に絡まれもがくと、必ず次の悪い縁を引き連れてくる。(p.115)

●「得意澹然、失意泰然(とくいたんぜん、しついたいぜん)」六然。(p.161)

|

« 『E=mc2――世界一有名な方程式の「伝記」』 | トップページ | 『ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~<ビブリア古書堂の事件手帖>』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40886/65090279

この記事へのトラックバック一覧です: 『僕はそれでも生き抜いた』:

« 『E=mc2――世界一有名な方程式の「伝記」』 | トップページ | 『ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~<ビブリア古書堂の事件手帖>』 »