« 『神様』 | トップページ | 『新・リーダー論』 »

『捨てられる銀行』

『捨てられる銀行』
橋本 卓典
講談社現代新書、2016/5/18、¥864(有隣堂亀戸)

金融庁長官が森信親氏になり、地方銀行に対しこれまでの健全性第一から地域貢献へと大きく舵を切ることになった現状について解説する。

金融検査マニュアルのために目利き力を失った地銀は、企業から疑いの目で見られ、信頼関係を失った。今後の人口減少時代を控え、このままでは企業、地銀共倒れになることを恐れた金融庁は、金融検査マニュアルを封印し、新しい評価方法により地域貢献を地銀に求めている。

いろいろ参考になるが、建前上は検査マニュアルがなくなったとはいえ、現場ではまだそれを基にした評価が行われていると感じるので、銀行の本音と建前がまだあるのではないかと思った。

|

« 『神様』 | トップページ | 『新・リーダー論』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40886/64474339

この記事へのトラックバック一覧です: 『捨てられる銀行』:

« 『神様』 | トップページ | 『新・リーダー論』 »