« 『R.O.D 第十二巻』 | トップページ | 『神様の御用人 (6)』 »

『成功している人は、なぜ神社に行くのか?』

『成功している人は、なぜ神社に行くのか?』
八木龍平
サンマーク出版、2016/7/11、¥1,620(有隣堂亀戸)

神社に行くといいことがある、という本。根拠は全く不明で、真面目に読む本ではないが、神社にお参りする時の作法など、一部参考になるところがあった。

▲神様と対話するのはどのようにすれば良いか。問いを持って神様にお祈りすると答えが「世の中から」「偶然のタイミング」で返ってくる。
 これはアメリカの大学で学生が教わる本の読み方と同じ。1. 本を読む前に目次をざっと眺める。2. 「問い」を作り、この本を読む問題意識を持つ。3. その「問い」の答えを探しながら、本文を読む。
 神様に質問をするというのは、世の中という名の本を、問題意識を持って読むこと。(pp.232-233)

▲セミナー講師や会議の時に部屋の入口扉、四方の壁、机、椅子などに軽く触って挨拶する。さらにセミナー講師の時は念入りに、部屋の四隅に対して、神社でお参りするように、柏手を2回打って、深く一礼し「よろしくお願いします」と心の中で唱える。一つちゅういてんをあげると、時計回りでお参りしていく。時計回りで柏手を打ち、一礼することで、その部屋に結界を作る。ちなみに、反時計回りは結界の解除を意味する。(p.237)

|

« 『R.O.D 第十二巻』 | トップページ | 『神様の御用人 (6)』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40886/64231081

この記事へのトラックバック一覧です: 『成功している人は、なぜ神社に行くのか?』:

« 『R.O.D 第十二巻』 | トップページ | 『神様の御用人 (6)』 »