« 『起終点駅(ターミナル)』 | トップページ | 『1Q84〈BOOK3〉10月‐12月〈後編〉』 »

『1Q84〈BOOK3〉10月‐12月〈前編〉』

『1Q84〈BOOK3〉10月‐12月〈前編〉』
村上春樹
新潮文庫、2012/5/28、¥680(BO360)

青豆はリーダー殺害後老婦人に用意されたセーフハウスにこもる。目の前の公園に現れた天吾が再び現れるのを辛抱強く待つ。NHK集金人を名乗る不審な人物が定期的に戸を叩く。そして青豆は自分が妊娠していることを知る。

天吾は、千葉の療養所へ父を見舞いに行き、そこでしばらく滞在する。「猫の国」と天吾とふかえりが呼んだ療養所で、父が昏睡しながら実は意識はどこかでNHKの集金人を続けているのではないかと疑う。看護婦と関係を持った翌日、天吾は東京に戻るが、ふかえりはすでに家を出ていた。小松から呼び出された天吾は、彼が監禁されていたことを知る。

ふかえりの書いた「空気さなぎ」が現実になるという世界で、天吾は自らの置かれた境遇に戸惑う。青豆も同様に「空気さなぎ」に導かれ、天吾を探す。そして「さきがけ」から依頼を受けた追跡者牛河は、着々と青豆・天吾・老婦人に迫っていく。

パラレルワールド小説の一種だが、展開が早く理解が追いつく前に事態が動いていく。大変面白く読んだ。結末がどうなるか楽しみ。いつもの村上春樹だったら投げっぱなしになるだろうけど。

|

« 『起終点駅(ターミナル)』 | トップページ | 『1Q84〈BOOK3〉10月‐12月〈後編〉』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40886/63970074

この記事へのトラックバック一覧です: 『1Q84〈BOOK3〉10月‐12月〈前編〉』:

« 『起終点駅(ターミナル)』 | トップページ | 『1Q84〈BOOK3〉10月‐12月〈後編〉』 »