« 『1Q84〈BOOK3〉10月‐12月〈前編〉』 | トップページ | 映画『シン・ゴジラ』 »

『1Q84〈BOOK3〉10月‐12月〈後編〉』

『1Q84〈BOOK3〉10月‐12月〈後編〉』
村上春樹
新潮文庫、2012/5/28、¥680(BO108)

青豆は牛河が周辺を探索していることを知る。それを知らされたタマルは、牛河から天吾の居場所を聞き出すと牛河を殺す。

天吾は、千葉の療養所で父を看取り、同時に不審なNHKの集金人も姿を消す。タマルから青豆の伝言を受けとった天吾は、公園で青豆に出会い、二つの月を見る。

青豆と天吾は、首都高池尻の高架下から非常階段を登り、月が一つしかないことを確かめて、偶然通りがかったタクシーに乗り込む。

本編で一応の結末が見られ、天吾と青豆は出会っておそらく1984年に戻ったことになる。しかし「さきがけ」についてはどのように決着したか不明だし、ふかえりも重要な役回りをこなした割に最後には全く出てこない。青豆の子供は一体どうなるのかについても何ら示唆されずに終わる。大きくみれば、1984から1Q84に行って戻って来る物語ということになるが、冒頭タクシーの運転手による「見かけに騙されるな」というセリフを真に受ければ、天吾と青豆は1984のままでも会っていたような気もする。いつもの村上春樹らしく、読んでいる最中は物語に没入するが、終わると何だったかよくわからない話だった。

|

« 『1Q84〈BOOK3〉10月‐12月〈前編〉』 | トップページ | 映画『シン・ゴジラ』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40886/63983320

この記事へのトラックバック一覧です: 『1Q84〈BOOK3〉10月‐12月〈後編〉』:

« 『1Q84〈BOOK3〉10月‐12月〈前編〉』 | トップページ | 映画『シン・ゴジラ』 »