« 『1Q84 BOOK1〈4月‐6月〉前編』 | トップページ | 『1Q84 BOOK2〈7月‐9月〉前編』 »

『1Q84 BOOK1〈4月‐6月〉後編』

『1Q84 BOOK1〈4月‐6月〉後編』
村上春樹
新潮文庫、2012/3/28、¥637(BO360)

青豆がなぜ殺人者の道を選んだかが語られる。スポーツクラブでインストラクターをしていた青豆は、ある老婦人に個人レッスンをするうちに、彼女がDVを受けた女性たちをかくまうセーフハウスを営むことを知る。合法的な手段ではどうしても解決できない事案について彼女が対象の男を葬っていることを知り、青豆は彼女に手をかすことを決意する。そして青豆は「さきがけ」から逃げてきた少女を暴行していたリーダーの殺害を依頼される。

天吾が書き直した「空気さなぎ」は、新人賞を受賞し、好調な売れ行きを記録する。しかしそんな中ふかえりが行方不明になる。

青豆と天吾、ふかえりとの関係が「さきがけ」を中心として回り始める。とても惹きつけられ、あっという間に読み終わった。

|

« 『1Q84 BOOK1〈4月‐6月〉前編』 | トップページ | 『1Q84 BOOK2〈7月‐9月〉前編』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40886/63963845

この記事へのトラックバック一覧です: 『1Q84 BOOK1〈4月‐6月〉後編』:

« 『1Q84 BOOK1〈4月‐6月〉前編』 | トップページ | 『1Q84 BOOK2〈7月‐9月〉前編』 »