« 『ウィンター・ホリデー』 | トップページ | 『「暗黒・中国」からの脱出 逃亡・逮捕・拷問・脱獄』 »

『アンと青春』

『アンと青春』
坂木 司
光文社、2016/3/17、¥1,728(amazon)

『和菓子のアン』の続編。東京デパートにある和菓子店みつ家でバイトするアンは、今作でも椿店長、桜井さん、乙女立花くんに囲まれ奮闘する。今作では、時節柄放射能に敏感な母親のエピソードもあり、時事問題にも触れている。

別のエピソードでは、乙女立花は、同じような境遇ながらしっかりと自分の道を歩みつつある、みつ家の向かいにできた洋菓子店Kの店員柏木に嫉妬し、それをアンに叱ると言う形でぶつけてしまう。折悪しく師匠が店に来ており、たしなめられたことで落ち込んだ立花は金沢に旅に出るのだった。

出て売る和菓子がいかにも上品に美味しそうに描かれていることもさりながら、各登場人物が丁寧に描かれ、小説の世界に浸ることができる。ぜひ自分もみつ家に行ってみたいと思わせる作品。

|

« 『ウィンター・ホリデー』 | トップページ | 『「暗黒・中国」からの脱出 逃亡・逮捕・拷問・脱獄』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40886/63819509

この記事へのトラックバック一覧です: 『アンと青春』:

« 『ウィンター・ホリデー』 | トップページ | 『「暗黒・中国」からの脱出 逃亡・逮捕・拷問・脱獄』 »