« 『東大首席弁護士が教える超速「7回読み」勉強法』 | トップページ | 『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド 上巻』 »

『京都ぎらい』

『京都ぎらい』
井上章一
朝日新書、2015/9/11、¥812(有隣堂亀戸)

「京都ぎらい」というタイトルながら、実際は洛外の嵯峨育ちの著者による「京都洛内ぎらい」という内容。表向きに「京都人」という立場をとると洛内の人間から馬鹿にされる、という鬱憤を晴らしている本だが、外の人間から見ればどっちもどっちでどうでもいいではないの、という感じがした。結局本書も「京都人」として京都のことについて書いているのだから、都合よく使い分けしているだけにしか見えないのが残念

なぜこの本が朝日新書から出たか不思議に思ったが、最後の章で日の丸君が代を馬鹿にしている文が出てきてなるほどと思った次第。

京都についての一般的ないやらしさをもう少し具体的に知ることができるという意味では参考になった。

|

« 『東大首席弁護士が教える超速「7回読み」勉強法』 | トップページ | 『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド 上巻』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40886/63302387

この記事へのトラックバック一覧です: 『京都ぎらい』:

« 『東大首席弁護士が教える超速「7回読み」勉強法』 | トップページ | 『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド 上巻』 »