« 映画『オデッセイ』 | トップページ | 『東大首席弁護士が教える超速「7回読み」勉強法』 »

『ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく』

『ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく』
堀江 貴文
ダイヤモンド社、2013/11/1、¥1,512(BO510)

堀江の出所後の心境が語られた本。毀誉褒貶のある人物だが、本書を読むと一貫した思想を持っていることはわかる。それが妥当かどうかは人によって評価は分かれるが、一つの生き方として感銘を受けた。

特に、離婚して一人取り残された時の孤独感は、真実の響きがあり、そこからの立ち直りの過程など、著者に感情移入した。

●重傷ば僕は、ずっと前から知っていた。
 働いていれば一人にならずに済む。働いていれば、誰かと繋がり、社会と繋がることができる。そして働いていれば、自分が生きていることを実感し、人としての尊厳を取り戻すことができるのだと。
 だからこそ、僕の願いは「働きたい」だったのだ。(p.27)

☆働く理由。

●もし、あなたが「変わりたい」と願っているのなら、僕のアドバイスは一つだ。ゼロの自分に、イチを足そう。(p.33)

☆0になにをかけても0だから、まずは足し算から。

●僕には確信がある。どんなにたくさん勉強したところで、どんなにたくさんの本を読んだところで、人は変わらない。自分を変え、周囲を動かし、自由を手に入れるための唯一の手段、それは「働くこと」なのだ。(pp.13-14)

●過去問を何度も読み返した結果、僕の辿りついた結論はこうだった。
 受験英語とは、とにかく英単語を極めることに尽きる。文法に惑わされてしまうのも、すべては単語の意味を散り違えているからだ。単語力の強化が、そのまま英語力の強化に直結する。[略]
 ただ暗記すると言っても、よくある単語カードによる暗記ではない。単語帳の隅から隅まで、派生語や例文も含めて全ての文言を「丸暗記」していくのだ。(pp.75-76)

●チャンスだけは誰にでも平等に流れてくる。[略]
 目の前に流れてきたハンスに躊躇なく飛びつくことができるか。そこが問題なのである。(p.100)

●ルールづくりのポイントは、とにかく「遠くを見ないこと」に尽きる。
 受験の場合も、例えば東大合格といった「将来の大目標」を意識し続けるのではなく、まずは「1日2ページ」というノルマを自分に課し、来る日も来る日も「今日の目標」を達成することだけを考える。
 人は本質的に怠け者だ。長期的で大きな目標を掲げると、迷いや気のゆるみが生じて、うまく没頭できなくなる。そこで「今日という1日」にギリギリ達成可能なレベルの目標を掲げ、今日の目標に向かって猛ダッシュしていくのである。(p.130)

●「できっこない」という心の蓋さえ外してしまえば、「やりたいこと」なんて湯水のように溢れ出てくるのだ。(pp.133-134)

●ハッタリをかますこと、背伸びをすることは、決して悪いことじゃない。他者からの信用を獲得していくために、絶対に乗り越えなければならないハードルなのだ。(p.149)

●やりたいことは全部やれ!
 なぜなら、人は「ここでいいや」と満足してしまった瞬間、思考停止に突入してしまうのだ。(p.154)

●もともと座右の銘など持っていないのだが、あまりに多く聞かれる質問なので、いつの頃からか「諸行無常、ですよ」と答えることにしている。これは座右の銘でも仏教的な心構えでもなく、世の中の真理だ。(p.183)

☆諸行無常。

●僕の結論ははっきりしている。ネガティブなことを考える人は、ヒマなのだ。ヒマがあるから、そんなどうでもいいことを考えるのだ。[略]
 もしあなたがポジティブになりたいというのなら、やるべきことはシンプルである。うじうじ悩んでないで、働けばいい。「自分にはできないかもしれない」なんて躊躇しないで、目の前のチャンスに飛びつけばいい。与えられた24時間を、仕事と遊びで埋め尽くせばいいのだ。(p.206)

☆ネガティブなのはヒマだから。

●仕事の質は、ひとえに「集中力×時間」で決まるものだ。(p.209)

●インターネットの普及によって、アイデアの価値はどんどん均一化されてきている。アイデアは頭の中からひねり出す時代から、インターネットで検索し、組み合わせる時代になっているのだ。
 そこで勝負を分けるのが、スピードと実行力である。
 手持ちのアイデアを、いかに具体的な行動に落とし込めるか。そのために一歩踏み出す勇気を持ち合わせているか。(p.215)

|

« 映画『オデッセイ』 | トップページ | 『東大首席弁護士が教える超速「7回読み」勉強法』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40886/63279256

この記事へのトラックバック一覧です: 『ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく』:

« 映画『オデッセイ』 | トップページ | 『東大首席弁護士が教える超速「7回読み」勉強法』 »