« 『いとみち 三の糸』 | トップページ | 『お金持ちにはなぜ、お金が集まるのか』 »

『神の子どもたちはみな踊る』

『神の子どもたちはみな踊る』
村上 春樹
新潮文庫、2002/2/28、¥529(BO108)

それぞれまったく違うプロットの短編を集めた本のように見えるが、通底しているのは、阪神大震災、サリン事件とそれまで盤石だと思われた社会構造が大きな揺らぎを見せる中で、人々が無意識にその動揺に立ち向かう姿勢を描いているところ。

「かえるくん、東京を救う」は、まさに人々の無意識的集合意識が社会を維持しているのだ、ということを比喩しているように読めた。

|

« 『いとみち 三の糸』 | トップページ | 『お金持ちにはなぜ、お金が集まるのか』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40886/63247301

この記事へのトラックバック一覧です: 『神の子どもたちはみな踊る』:

« 『いとみち 三の糸』 | トップページ | 『お金持ちにはなぜ、お金が集まるのか』 »