« 『こうして、思考は現実になる』 | トップページ | 『続・100年予測』 »

『オレたちバブル入行組』

『オレたちバブル入行組』
池井戸 潤
文春文庫、2007/12/6、¥713(BO410)

ドラマ「半沢直樹」の原作小説。

ほぼドラマの展開と同じだが、近藤のエピソードがなかった。最後の浅野支店長に対する半沢の処分は、奥さんに救われた部分があったとはいえ、犯罪行為を見逃しているので、やはり現実にはありえないだろう。

ドラマ同様面白く、一気に読んだ。

|

« 『こうして、思考は現実になる』 | トップページ | 『続・100年予測』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40886/62899546

この記事へのトラックバック一覧です: 『オレたちバブル入行組』:

« 『こうして、思考は現実になる』 | トップページ | 『続・100年予測』 »