« 『鲁西西和龙珠风波』 | トップページ | 『ロスジェネの逆襲』 »

2015年の10冊

2015年に読んだ107冊の中から選んだ、今年の10冊+α。
今年も3回入院し、免疫抑制剤の副作用による下痢・嘔吐など体調不良が続き、厳しい時期が長かったが、なんとか100冊以上読むことができた。今年はノンフィクションより小説を読みたい気分の年で、伊坂幸太郎、北森鴻、有川 浩などを多く読んだ。特に北森鴻は大変面白く、ほとんどの作品を読破したように思う。

1. 『「日本人と英語」の社会学 −−なぜ英語教育論は誤解だらけなのか』:日本人の英語に対する言説がほとんどすべて根拠のないものであることを統計を用いて証明した本。なんとなく感じていたことを根拠づけてくれたという意味で自分にとって大変有意義だった本。
2. 『帳簿の世界史』:中世ヨーロッパで生まれた帳簿、会計がいかに政治的に用いられ、支配の道具となってきたかを明らかにした本。
3. 『昨夜のカレー、明日のパン』:7年前に夫を亡くしたテツ子が、いかにして立ち直っていくかを温かく描いた本。
4. 『花の下にて春死なむ』:三軒茶屋のビアバー香菜里屋のマスター工藤が、常連の持ち込む謎を解いていく。北森鴻の中でも大変面白く読めたシリーズ。
5. 『和菓子のアン』:デパ地下の和菓子店でアルバイトを始めたアンちゃんが様々な経験を通じて和菓子の奥深さに触れていく。
6. 『オー!ファーザー』:伊坂幸太郎は評価が難しい小説が多かったが、本作は4人の父による息子への愛がよく伝わり、面白く読めた。
7. 『シアター!』:有川浩。潰れかけの劇団に200万の借金を負わせ、一見厳しい条件ながら応援してしまう兄の弟への愛を面白く読んだ。
8. 『オレたちバブル入行組』:ドラマ『半沢直樹』の原作。
9. 『村上春樹 雑文集』:これまでにいろいろなところに書かれたエッセイなどをまとめた本。村上の文鳥のうまさを感じる。
10. 『置かれた場所で咲きなさい』:ベストセラーになった本で、大したことはないだろうと思いながら読んだが、良いことが書かれていた心に残った。
11. 『東京タワー―オカンとボクと、時々、オトン』:リリーフランキーの自伝。偏見に満ちているなどの評もあるが、リリーの母への愛がよく伝わった。
12. 『舟を編む』:辞書作りに人生をかける男たちの物語。
13. 『椿山課長の七日間』:浅田 次郎。あの世の入り口に立たされた椿山課長が自らの人生を振り返るために現世に7日だけ戻る。
14. 『神様の御用人』:浅葉なつ。フリーター萩原良彦はひょんなことから神様の御用を代行する任務を与えられる。夏目友人帳にそっくりなところが玉に瑕だが、面白く読めた。

1000冊まで72冊。

|

« 『鲁西西和龙珠风波』 | トップページ | 『ロスジェネの逆襲』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2015年の10冊:

« 『鲁西西和龙珠风波』 | トップページ | 『ロスジェネの逆襲』 »