« 『帳簿の世界史』 | トップページ | 『絶対に会社を潰さない 社長の営業』 »

『デービッド・アトキンソン 新・観光立国論』

『デービッド・アトキンソン 新・観光立国論』
デービッド アトキンソン
東洋経済新報社、2015/6/5、¥1,620(L)

少子高齢化の進む日本にとって、将来の経済を成り立たせるためには移民が必要だが、移民をよしとしない日本では、考えうる選択肢は「短期移民」=「観光客」である、という立場から、いかに観光立国を目指すかについての方策を示した本。著者の指摘は示唆に富んでおり、非常に勉強になった。

また、本書の分析自体もそうだが、著者の(さまざまな資料や統計から客観的に状況を分析する)分析手法も大変参考になった。

⚫︎日本ではよく、正論が通らないと言われますが、自分自身の歩みを顧みると、最初は「反発」が強く、絶対に変えることができないと周囲から言われていたことも、問題を指摘し続けていると最終的には何かの拍子で正論が通った、という不思議な現象を何回も体験してきました。よく考えてみると「反発」が強ければ強いほど、そのような現象が起こったような気がしないでもないのです。(p.4)

⚫︎イギリスでは、次のようなことわざが古くから伝えられています。
Sticks and stones may break my bones, but words will never harm me.
「石や枝を投げられたら骨が折れるかもしれないけれど、言葉にはその力はない」。これは要するに、なんと言われても手を出したり過剰に反応したりすることなく、意見として冷静に受け止めるべきである。そのうえで、その意見を受け入れるかどうかは自分で決めることが大切であり、何か反対意見を言われただけで、心や態度を変えてはならないという教えなのです。(p.13)

⚫︎観光立国の4条件「気候」「自然」「文化」「食事」(p.57)

▲日本人の多くは、「観光立国」を目指すうえで必要な「気候」「自然」「文化」「食事」という4つの要素ではない他の何かを、外国人観光客に訴えることのできるセールスポイントだと思い違いをしている。たとえば、星野リゾートのホームページには次のようにある。
 観光大国の3条件である「国の知名度」「交通アクセス」「治安のよさ」という条件を十分に備えている日本の観光産業は、今後ますますその規模を拡大していくでしょう
 これは非常に危うい分析で、この3条件は「ないよりはあったほうがよいという程度の強み」であり、絶対不可欠な条件ではない。(p.76)

▲「お・も・て・な・し」のような話し方は欧州では相手を見下している態度ととられる。また、「日本国内では絶賛された」というクリステルのコメントは、「おもてなし」を受ける客の立場ではなく「おもてなし」をする身内からの立場であり、客を重視していない。(p.103)

⚫︎「郷に従え」という発想は、客側やよそからやってくる人が、自らすすんで心得るべき教えであって、ホスト側から強制されるものではなのです。(p.110)

|

« 『帳簿の世界史』 | トップページ | 『絶対に会社を潰さない 社長の営業』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40886/62573748

この記事へのトラックバック一覧です: 『デービッド・アトキンソン 新・観光立国論』:

« 『帳簿の世界史』 | トップページ | 『絶対に会社を潰さない 社長の営業』 »