« 『木島日記』 | トップページ | 『美女と野球』 »

『ナミヤ雑貨店の奇蹟』

『ナミヤ雑貨店の奇蹟』
東野 圭吾
角川文庫、2014/11/22、¥734(L)

窃盗を働いた少年3人が廃屋に隠れる。そこは時間の流れが外と違い、しかもなぜか相談の手紙が次々と舞い込む。それらに返事を書くうち、彼らの心にも変化が生まれる。「ナミヤ雑貨店」の主人と養護施設「丸光園」の園長には過去縁があり、それを軸に、丸光園関係者とナミヤに相談する人たちの物語が交錯しながら最後には一つの大きな結末となる。

多分に御都合主義なところがあるとはいえ、東野にしては殺人もなくファンタジーのような人情話になっていて楽しく読めた。

|

« 『木島日記』 | トップページ | 『美女と野球』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40886/62280498

この記事へのトラックバック一覧です: 『ナミヤ雑貨店の奇蹟』:

« 『木島日記』 | トップページ | 『美女と野球』 »