« 『人に強くなる極意』 | トップページ | 『桜宵』 »

『花の下にて春死なむ』

『花の下にて春死なむ』
北森 鴻
講談社文庫、2001/12/14、¥576(有隣堂亀戸)

三軒茶屋のビアバー香菜里屋のマスター工藤は、客が持ち込む謎をさりげなく解き明かす。年老いた俳人の死、東北から父を捜しにきた少女の記事、川岸に小屋を建てて住む老夫婦など、それぞれの謎を解き明かしながら一見客が常連になっていく。香菜里屋シリーズの出だしで、それぞれ事情を抱える登場人物がビアバーに集う出会いの巻といった趣になっている。

|

« 『人に強くなる極意』 | トップページ | 『桜宵』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40886/61797463

この記事へのトラックバック一覧です: 『花の下にて春死なむ』:

« 『人に強くなる極意』 | トップページ | 『桜宵』 »