« 『邪馬台: 蓮丈那智フィールドファイルIV』 | トップページ | 『花の下にて春死なむ』 »

『人に強くなる極意』

『人に強くなる極意』
佐藤優
青春新書、2013/10/2、¥905(丸善日本橋)

Big Tomorrowに連載された記事をまとめたもの。「『怒らない』『びびらない』『飾らない』『断らない』『お金に振り回されない』『あきらめない』『先送りしない』という8つのテーマを定めて、それに関する私の考えをできるだけわかりやすい言葉で記している」(p.5)と前書きで記しているように、一般的な人との付き合い方を列挙した感じの本で、自分にあったところを参考にする読み方に適している。

●自分をマネジメントできるのは自分しかいない(p.179)
 報われないことに足をとられがちな現代だからこそ、「あきらめないこと」と「あきらめるべきこと」の二つを選り分けて、上手にマネジメントしなければなりません。
 そのためには、「内省ノート」をつけてみることをおすすめします。自分があきらめられないことは何なのか、なぜあきらめられないのか、その完成形と出口はどういうものか。要は客観的に自分を見つめ直すということです。
 そうして目標が明確になったら、期限を区切ってみましょう。「5年後までに達成できなかったらあきらめる」とか「3年やっても合格しなければあきらめる」という風に。
 期限を区切るというのは、何かを始めるときにはつねにセットにして考えるとよい考え方です。たとえば何かの勉強会を始めようとする。10人くらい集まって始めたのはいいが、今度は止め時がわからなくなることがあります。[略] 最初から「この会は5回で終わり、次に違うテーマでやるかは、その折に再度改めてご連絡します」とすれば、カドも立たないしすっきりします。(pp.180-181)

☆終わりを明確にすることの重要性。

●「明日できることは今日やるな」(p.190)


|

« 『邪馬台: 蓮丈那智フィールドファイルIV』 | トップページ | 『花の下にて春死なむ』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40886/61726048

この記事へのトラックバック一覧です: 『人に強くなる極意』:

« 『邪馬台: 蓮丈那智フィールドファイルIV』 | トップページ | 『花の下にて春死なむ』 »