« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

『蛍坂』

『蛍坂』
北森 鴻
講談社、2007/9/14、¥535(BO310)

香菜里屋シリーズ第3作。引き続きビアバー香菜里屋のマスター工藤が客の持ち込む謎や悩みを解いていく。夢を追うために女性と別れ海外に渡った写真家が16年ぶりに戻って知った彼女の覚悟を知る表題作のほか、猫の石像に謎の女性の顔が浮かぶという怪談の謎、三軒茶屋再開発に頑強に反対していた画材店の女主人が突然閉店して表面化する当時対立していた男たちの動揺と葛藤、香菜里屋を題材にした殺人事件を書くことで小説家を目指していた友人を発奮させようとする作家、亡くなった従兄が残した「狐拳」という名酒を探しまわる女性の話、など今作も温かさの中にも人生の厳しさを上手く織り交ぜた短編集となっている。

今は時代遅れとなったアナログ製版の話なども出て来て、大変面白く読んだ。

●専門学校を出て十五年、写真製版のレタッチ一筋に関わり、それなりの技術を習得したつもりになっていた。ことに、剃刀一丁手にして写真を輪郭に添って切り抜く「ヌキ」の作業には自信もあったし、周囲の評価も高かった。勤めていた印刷会社が左前になり、早期退職社を募ったときにも、俺にはたとえ会社を辞めても手に職があるから大丈夫。すぐにでも新たな勤め先が見つかるに違いないと高をくくって、辞職願を出した。ところが。(p.140)

☆ちょうど時代の境目でデジタル化が急速に進み、旧世代が取り残されていく様子がよく描かれている。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

『桜宵』

『桜宵』
北森 鴻、講談社文庫、2006/4/14(BO310)

引き離された母が娘見たさに桜の咲く頃公園に現れる表題作のほか、居酒屋閉店15周年のパーティに呼ばれたもののおかしな雰囲気に首を傾げてマスターに話をする「15周年」、学生運動が原因で別れた二人が再び出会ったときに語られる女の恐るべき計画について語る「約束」など、香菜里屋を中心とした短編集の第二弾。

香菜里屋に集う客とマスター工藤のやりとりや雰囲気を大変面白く読んだ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

『花の下にて春死なむ』

『花の下にて春死なむ』
北森 鴻
講談社文庫、2001/12/14、¥576(有隣堂亀戸)

三軒茶屋のビアバー香菜里屋のマスター工藤は、客が持ち込む謎をさりげなく解き明かす。年老いた俳人の死、東北から父を捜しにきた少女の記事、川岸に小屋を建てて住む老夫婦など、それぞれの謎を解き明かしながら一見客が常連になっていく。香菜里屋シリーズの出だしで、それぞれ事情を抱える登場人物がビアバーに集う出会いの巻といった趣になっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『人に強くなる極意』

『人に強くなる極意』
佐藤優
青春新書、2013/10/2、¥905(丸善日本橋)

Big Tomorrowに連載された記事をまとめたもの。「『怒らない』『びびらない』『飾らない』『断らない』『お金に振り回されない』『あきらめない』『先送りしない』という8つのテーマを定めて、それに関する私の考えをできるだけわかりやすい言葉で記している」(p.5)と前書きで記しているように、一般的な人との付き合い方を列挙した感じの本で、自分にあったところを参考にする読み方に適している。

●自分をマネジメントできるのは自分しかいない(p.179)
 報われないことに足をとられがちな現代だからこそ、「あきらめないこと」と「あきらめるべきこと」の二つを選り分けて、上手にマネジメントしなければなりません。
 そのためには、「内省ノート」をつけてみることをおすすめします。自分があきらめられないことは何なのか、なぜあきらめられないのか、その完成形と出口はどういうものか。要は客観的に自分を見つめ直すということです。
 そうして目標が明確になったら、期限を区切ってみましょう。「5年後までに達成できなかったらあきらめる」とか「3年やっても合格しなければあきらめる」という風に。
 期限を区切るというのは、何かを始めるときにはつねにセットにして考えるとよい考え方です。たとえば何かの勉強会を始めようとする。10人くらい集まって始めたのはいいが、今度は止め時がわからなくなることがあります。[略] 最初から「この会は5回で終わり、次に違うテーマでやるかは、その折に再度改めてご連絡します」とすれば、カドも立たないしすっきりします。(pp.180-181)

☆終わりを明確にすることの重要性。

●「明日できることは今日やるな」(p.190)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

『邪馬台: 蓮丈那智フィールドファイルIV』

『邪馬台: 蓮丈那智フィールドファイルIV』
北森 鴻、浅野 里沙子
新潮文庫、2014/1/29、¥907(博文堂信濃町)

北森の絶筆を、浅野が書き継いで完成させた小説。

異端の民俗学者・蓮丈那智の手に渡った「阿久仁村遺聞」。遺聞を調査するうちに邪馬台国の謎ともリンクし、調査が進むにつれ関係者に様々なトラブルが起こる。

ネタバレすると、邪馬台国は、酒を常飲できるほど大量に米を生産でき、酒を作るために大量の鉄器を製造できた、という推論から、鉄を製造するための火を起こすため砂鉄と木材をとれる場所を転々と移動した、というのが著者の推論。

筋が非常に複雑で、阿久仁村と邪馬台国の謎が交互に出てくるので、後半の謎ときに入るまで読み進めるのに非常に苦労した。後半に入ってからはストーリーのテンポがよくなり、大変面白くよむことができた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『一流の人は本気で怒る』

『一流の人は本気で怒る』
小宮一慶
文春新書、2015/4/20、¥778(丸善日本橋)

表題通り、本気で怒れる人間になるべき、ということを説いた本。必要なときに怒ること、私心なく怒ることが重要という内容。言うは易く行うは難し。

●コミュニケーションには、「意味(理屈)」をの伝達と「意識(感情)」の伝達というふたつの役割があると私は考えています。「意味」は理屈と情報、「意識」は表面的な言葉では伝わらない感情のことです。コミュニケーションには、この「意味」と「意識」の双方が必要です。「意識」が共有されていれば「意味」が通じやすいのです。(p.20)

●経営者は『夢を語る』『理念を語る』『現場を語る』という三つのことを語らねばならない。(p.74)

●八割の熱い自分と、二割の冷めた自分を持つこと。(p.81)

▲参考までに、私自身が実践しているストレスマネジメント法をご紹介しましょう。ポイントは三つ。
 一番目は「自分でコントロールできないことに悩まない」。二番めは「言い訳をしない」。三番めは「時には自分を甘やかす」。これを心がけているのです。(p.114)

●中国の古典『書経』にも、こんな言葉があります。「人を玩(もてあそ)べば徳を喪い、物を玩べば志を喪う」。(p.145)

●本当のリーダーは、部下がついてこようがくるまいが、そんなことは気にしない。胎教を見ているため、波風が立つの立たないの、といった小さなことは気に留めないのです。全体のことを考えながら理想を求めている。だから怒ることも気にしない。
 大局を見ているリーダーは、部下に対して厳しく、よく怒ります。しかし、「厳しさ」と「優しさ」はコインの裏表ではないでしょうか。厳しく叱咤することが、結果的にはその人や組織全体のためになる。それが本当の「優しさ」だということです。(p.151)

●[松下幸之助の説く] 素直であるためには、三つのステップを踏まなければならないと思っています。
 一番目は、人の話を聞く。
 二番めは、人から聞いて「いい」と思ったことを実行する。
 三番めは、結果が出るまで、それをやり続ける。(p.157)

▲「輪ゴム」の訓練で気分をすぐに切り替える。怒りを感じたときに、手首にはめている輪ゴムをパチンをやると気分が切り替わる。(p.175)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »