« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

『嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え』

『嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え』
岸見 一郎、古賀 史健
ダイヤモンド社、2013/12/13、¥1,620(L)

世間で話題になっていたので図書館で予約。一年ほど待った。

フロイト、ユングと並び「心理学の三大巨頭」と称されるアドラーの心理学を哲人と迷える青年の対話という形でわかりやすく説く、という体裁の本。心理学といいながらどちらかというと自己啓発的な内容で、「こうすると人生の生き方が変わる」という部分に重点がおかれている。

・原因論(失業したから引きこもった)ではなく、目的論(引きこもりたいから失業した)と考える。
・すべての悩みは人間関係。
・「課題の分離」(たとえば勉強するのは本人だから周りが「勉強しろ」というのは間違い)
・人間は何かをしているから、ではなくそこに存在しているだけで価値がある。
・対人関係のゴールは「共同体感覚」(仕事場に居場所を求めるのではなく、世界にいるということを居場所として細かいことにこだわらない)

といった点が主な論点。一見説得力があるように見えるが、よく考えると「鬱になるためにいじめられた」とか、「痴呆で徘徊などして家族に死んでほしい、とまで言われても存在するだけで価値がある」という例が導かれ、かなり無理がある考え方ではないか。

最近よくある対話形式の本ということと、日本語が翻訳調ということもあり、最初は海外からの翻訳本かと思って読んでいたが、実は日本人が著者ということで、マーケティング的にかなり「狙っている」本だと思った。

自己啓発本として読むならば、内容としては中村天風と似ているが、天風のほうがわかりやすく、また主旨も明快。本書はかなりのベストセラーになったようだが、それだけ対人関係に悩みの多い時代ということだろう。

読み方に注意を要するが、一つの考え方として参考になる本。

●ユダヤ教の教えに、こんな言葉があります。「自分が自分のために自分の人生を生きていかないのであれば、いったい誰が自分のためにいきてくれるだろうか」(p.135)

●「おまえの顔を気にしているのはお前だけだよ」(p.148)

●人は、ほめられることによって「自分には能力がない」という信念を形成していく(pp.202-203)

●どうすれば人は"勇気"を持つことができるのか?アドラーの見解はこうです。「人は、自分には価値があると思えたときにだけ、勇気を持てる」(p.203)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

I'm flattered.

The Mentalistに出て来た表現。

I'm flattered.  光栄です。(お世辞でもそういってもらえて嬉しい)
= It's nice to be flattered.

こういう時今までどう言っていいかわからなかったので、参考になった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『神様の御用人 (3)』

『神様の御用人 (3)』
浅葉 なつ
メディアワークス文庫、2014/11/21、¥616(有隣堂亀戸)

御用人が板についてきた良彦。今回も狐の黄金の助けを借りながら神様の悩みを解決していく。天照大神に衣服を作っていた神様、稲作を司るが奉納相撲に飽きてきた農協職員の姿をした神様、自分の菓子作りに満足できない神様など、個性的な面々が登場する。

著者も大分慣れてきたのか、筆が乗っていて読みやすい。また、神様は人間の崇敬によってその力が決まる、という思想が単なるライトノベルのような何かではない彩りを作品に加えていて楽しく読めた。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

『目白台サイドキック 五色の事件簿』

『目白台サイドキック 五色の事件簿』
太田 忠司
角川文庫、2015/3/27、¥648(吉田書店大島)

お屋敷に住む幽霊の北小路と刑事の南塚に使われ、若手刑事の無藤は次々に起こる不可思議な事件の謎を得。

シリーズもので、第3作目らしい。いきなり設定に戸惑ってしまい、作品世界に入るのに少し時間がかかった。オカルトものに興味があれば面白く読める。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『思い出のとき修理します 2 明日を動かす歯車』

『思い出のとき修理します 2 明日を動かす歯車』
谷 瑞恵
集英社文庫、2013/9/20、¥626(L)

シリーズ2巻。時計屋の秀司と彼女の明里が商店街に起こる謎や問題を解決する。

難しく考えると色々ご都合主義なところがあるので、その辺を考えずに軽く読むと面白く読める。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『神様の御用人 (2) 』

『神様の御用人 (2) 』
浅葉なつ
メディアワークス、2014/5/24、¥594(有隣堂亀戸)

神様の御用人を務める良彦は、井戸の中に潜む神様の外に出たいという希望、大国主命と妻の夫婦喧嘩などの問題などを解決する。

第二巻では、大主神社の宮司の娘穂乃香の助けを借りて御用を務める。設定がさらに夏目友人帳に似てきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『神様の御用人』

『神様の御用人』
浅葉なつ
メディアワークス文庫、2013/12/25、¥616(有隣堂亀戸)

24歳のフリーター萩原良彦は、ふとしたはずみに宣之言書(のりとごとのしょ)を預かり、神様の御用人を命じられる。神様といっても人間臭い悩みをかかえていて、それを解決して行く、という話。

妖怪と神様、猫と狐、という違いはあるが、夏目友人帳に設定が似ている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『椿山課長の七日間』

『椿山課長の七日間』
浅田 次郎
集英社文庫、2015/2/20、¥713(有隣堂亀戸)

大手でパートの椿山課長は大売り出しセールの準備に追われる中、過労のために倒れ、気がつけばあの世の入り口に立っていた。そこで言い渡された邪淫の罪に覚えのない椿山は疑いをはらすべく現世に戻ることになる。そこで思いもしなかった現実を見せられ、ショックを受けながらもあの世へ向かう覚悟を決める。

浅田次郎の小説は何作か読んでいるが、それなりに面白いのだけれどいつも何かが物足りないのが残念。たぶん、広げた風呂敷を理屈に合わないたたみ方をするところが自分には少し合わないのかもしれない。ただ、ストーリーとしては面白いので、難しく考えずに読むには楽しめる。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

『舟を編む』

『舟を編む』
三浦 しをん
光文社文庫、2015/3/12、¥670(有隣堂亀戸)

玄武書房に勤める馬締光也が、辞書編集部にスカウトされ、国語辞書「大渡海」を編纂するまでの十数年を描く。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

『運を支配する』

『運を支配する』
桜井 章一、藤田 晋
幻冬舎新書、2015/3/20、¥864(有隣堂亀戸)

切れないこと、こだわらないこと、など、理屈では測れない運をつかむヒント。

●「洗面器から最初に顔を上げたやつが負ける」[略]
 仕事のレースで脱落して行く人を順番に上げると、1)忍耐力のない人、2)目標設定の低い人、3)固定観念が強くて変化できない人、になると僕は思っています。(藤田、p.34)

●競争相手を見て浮き足立って動くのは、非常に危険です。あくまで地に足をつけ、自分のペースを崩さず、その中で主体的にコントロールしていかないといけないのです。(p.36)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『これ1冊で安心! 社長の相続・贈与で節税できる本』

『これ1冊で安心! 社長の相続・贈与で節税できる本』
広瀬 元義
あさ出版、2011/10/11、¥1,620(丸善日本橋)

特に奇をてらった節税法ではないが、生命保険や年間110万の贈与など、各種の節税法が簡潔にまとめられていてわかりやすい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »