« 『N響 第1803回 定期公演 Cプログラム』 | トップページ | 『もっとミステリなふたり 誰が疑問符を付けたか?』 »

『ミステリなふたり』

『ミステリなふたり』
太田 忠司
幻冬舎文庫、2005/03/31、¥741(借)

愛知県警敏腕刑事の京堂景子29歳と、イラストレーターで主夫の新太郎21歳の夫婦が事件の謎を解く肉食系ミステリ。

本格的ミステリではないが、肉食系の景子が新太郎に襲いかかりながら謎を解くところが本作のミソになっている。今までになかった取り合わせの小説。


|

« 『N響 第1803回 定期公演 Cプログラム』 | トップページ | 『もっとミステリなふたり 誰が疑問符を付けたか?』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40886/61237584

この記事へのトラックバック一覧です: 『ミステリなふたり』:

« 『N響 第1803回 定期公演 Cプログラム』 | トップページ | 『もっとミステリなふたり 誰が疑問符を付けたか?』 »