« 『ばけもの好む中将 弐 姑獲鳥と牛鬼』 | トップページ | 『陰陽師―天鼓ノ巻』 »

『陰陽師 醍醐ノ巻』

『陰陽師 醍醐ノ巻』
夢枕 獏
文春文庫、2013/11/8、¥551(L)

『ばけもの好む中将』を読んだので、平安つながりで久しぶりに陰陽師。以前と変わらぬ雰囲気で平安の空気感にひたれる。

●[あとがき] 三十代そこそこで [『キマイラ』シリーズを] 書き始めて、今、ぼくは六十二歳になってしまいました。歳を重ねていくと、多くのものが、ひとの肉体から、去ってゆきます。
 力。
 速度。
 夢。
 そのかわりに、手に入れたものもまた、皺の数と同じほどあるわけです。(p.278)

|

« 『ばけもの好む中将 弐 姑獲鳥と牛鬼』 | トップページ | 『陰陽師―天鼓ノ巻』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40886/61094615

この記事へのトラックバック一覧です: 『陰陽師 醍醐ノ巻』:

« 『ばけもの好む中将 弐 姑獲鳥と牛鬼』 | トップページ | 『陰陽師―天鼓ノ巻』 »