« 『さよなら妖精』 | トップページ | 『ばけもの好む中将 弐 姑獲鳥と牛鬼』 »

『ばけもの好む中将―平安不思議めぐり』

『ばけもの好む中将―平安不思議めぐり』
瀬川 貴次
集英社文庫、2013/4/19、¥594(有隣堂亀戸)

化け物に興味のある中将宣能に、平凡な中流貴族宗孝が巻き込まれる、という筋立ての小説。夢枕獏の『陰陽師』に似た話かと思って読み始めたが、化け物はまったく登場せず、実はすべて人間が原因で起こる事件だった、という筋立て。ライトノベルに近い軽さなので、気軽に読めた。

話が宗孝の十二人の姉にまつわるものが多く、今後は八の姉である梨壷の更衣と、ライバルである弘徽殿の女御関係の話が増えそうな感じがする。

|

« 『さよなら妖精』 | トップページ | 『ばけもの好む中将 弐 姑獲鳥と牛鬼』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40886/61068024

この記事へのトラックバック一覧です: 『ばけもの好む中将―平安不思議めぐり』:

« 『さよなら妖精』 | トップページ | 『ばけもの好む中将 弐 姑獲鳥と牛鬼』 »