« 『風の帰る場所 ナウシカから千尋までの軌跡』 | トップページ | 初春歌舞伎公演『通し狂言 南総里見八犬伝』 »

『犬はどこだ』

『犬はどこだ』
米澤 穂信
創元推理文庫、2008/2/9、¥799(借)

東京に出て銀行に就職した紺屋長一郎は、アトピーのため退職して地元に戻り、犬を探す調査事務所を開設した。しかし舞い込んだ依頼は人探しと古文書の解読。高校の後輩半田を部下にして調査を開始すると、次第にきな臭さが増してくる。失踪人の女性はネット上でストーカーされていて、早く見つけないと危ないと感じた紺屋は焦りを募らせる。

高校を舞台にした日常の謎を解く氷菓などとは違い、本格的なミステリー仕立ての小説。読み始めたら止まらず一気に読んでしまった。

|

« 『風の帰る場所 ナウシカから千尋までの軌跡』 | トップページ | 初春歌舞伎公演『通し狂言 南総里見八犬伝』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40886/60999773

この記事へのトラックバック一覧です: 『犬はどこだ』:

« 『風の帰る場所 ナウシカから千尋までの軌跡』 | トップページ | 初春歌舞伎公演『通し狂言 南総里見八犬伝』 »