« 2014年の10冊 | トップページ | 『風の帰る場所 ナウシカから千尋までの軌跡』 »

『昨夜のカレー、明日のパン』

『昨夜のカレー、明日のパン』
木皿 泉
河出書房新社、2013/4/19、¥1,512(有隣堂亀戸)

ドラマ化の原作小説。テツ子は、7年前に亡くなった夫一樹の実家にギフと同居している。最近、付き合っている岩井さんから結婚を申し込まれるが、一樹を忘れられないテツ子は結婚に踏み切れない。そんな曖昧な人間関係を中心に、ゆるやかに、温かく時間は過ぎて行く。

夫を忘れられないけれど前に進まなければ、という葛藤を抱えるテツ子、人間を信じられない女の子、結婚直前で彼に振られた山ガール、などそれぞれ悩みを抱える人々を、それぞれの立場に寄り添いながらゆったりと描く小説で、年初に本書を読めて大変良かった。

|

« 2014年の10冊 | トップページ | 『風の帰る場所 ナウシカから千尋までの軌跡』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40886/60921995

この記事へのトラックバック一覧です: 『昨夜のカレー、明日のパン』:

« 2014年の10冊 | トップページ | 『風の帰る場所 ナウシカから千尋までの軌跡』 »