« 『犬はどこだ』 | トップページ | 『さよなら妖精』 »

初春歌舞伎公演『通し狂言 南総里見八犬伝』

2015/01/18:国立劇場大劇場(1等A席2階4列22番)

初春歌舞伎公演『通し狂言 南総里見八犬伝』

犬山道節:尾上菊五郎 犬坂毛野:中村時蔵 犬飼現八:尾上松緑
犬塚信乃:尾上菊之助 犬田小文吾:坂東亀三郎 犬田荘助:坂東亀寿
蟇六娘浜路:中村梅枝 犬村大角:中村萬太郎
馬加鞍弥吾:市村竹松 伏姫:尾上右近 犬江親兵衛:尾上左近
横堀在村:市村橘太郎 馬加大記:市川團蔵
足利成氏:坂東彦三郎 扇谷定正:市川左團次

知人3人(うち二人は初めての歌舞伎)との鑑賞。残念ながら一人は体調不良で途中で帰宅。
初めての国立劇場。正月に見るのには華やかで良い舞台だった。
しばらく見ない間に松緑が上手くなっていた。菊之助は相変わらずハンサム。
松緑の息子の左近を初めて見た.

菊五郎の趣向で、火遁の術の演出が派手で面白かった。また、浜路が逃げたと知った時の蟇六夫婦が今流行りの「いいじゃないの」「だめよだめだめ」の小芝居をして受けていた。

|

« 『犬はどこだ』 | トップページ | 『さよなら妖精』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40886/60999833

この記事へのトラックバック一覧です: 初春歌舞伎公演『通し狂言 南総里見八犬伝』:

« 『犬はどこだ』 | トップページ | 『さよなら妖精』 »